« | »

2010年11月20日

備忘 マザーボード交換

 HDD内のWindowsXP/2000をそのままにマザーボード交換した時、起動途中でブルースクリーンになる場合の解決法。

 交換前のマザーボードが生きている場合は、交換前のシステムにおいてhttp://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;JP314082の作業のみを行う。死んでいる場合は、他の正常に起動する別システムのPCにHDDをつなぎ、外部から以下の作業をする。この際、操作しているOSのHDDと対象のHDDを間違えないように注意。

(1) http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;JP314082中の1と2の操作を行う。1のファイルの保存先は任意。2のコピー先は対象のHDD内。

(2) http://ht-deko.minim.ne.jp/tech043.html中、「別の HDD にあるレジストリ(ハイブファイル)を操作する」の項目を参照し、regedit.exe→HKEY_LOCAL_MACHINE を選択→ハイブの読み込み→対象HDDの%SystemRoot%\System32\Config\systemを、「maint_SYSTEM」として読み込む。

(3) (2) のページ中の説明文に従い、CurrentControlSetであるControlSetを判定する。

(4) 1のファイル中、「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\」を、「HKEY_LOCAL_MACHINE\maint_SYSTEM\[(2)で判定したControlSet]\」に置換し保存の上、クリックしてレジストリに追加する。

(5) HKEY_LOCAL_MACHINE\maint_SYSTEMを選択し、ハイブのアンロードを行う。

以上の手順で、操作しているOSのレジストリを変更することなく、対象のHDDにあるレジストリを書き換えることができる。

(参照)
Windowsの再インストールなしにマザーボード交換
http://dennou.stakasaki.net/noinst_mbchange-j.html

別の HDD にあるレジストリ(ハイブファイル)を操作する
http://ht-deko.minim.ne.jp/tech043.html

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメント





HTMLタグは使用できません。