Home > 2011年6月

2011年6月25日

イカ釣り速報

 7連続ボウズ中です。
 日が長くなってきたので、夕方に事務所を閉めてから釣行するには良い塩梅なのですが、風が強かったりしてコンディションが悪い事が多いです。

 中工場緑地に釣行。
 竿を出していれば声を掛けられるのが常道。エギでやっていた先客のおいちゃんが一人寄ってきました。

 「どーんな」
 「ダメです」
 「なに使っとん。うるめ(イワシ)?」
 「はい」
 「あれがいいで、(鶏の)ささみ」 
 「ささみがいーんですか」 
 「ありゃあ何でも食うで、ささみでもサバでも何でもいい。細う切ってな。」
 「いま(潮が)引きよるけんの、あっち(下流側)が若干ええ」
 「(潮が)上がってくる時はあっち(上流側)がええ」
 「そうなんですか」
 「まあじゃが、(群れが)来るときはまんべんなく来るけえ場所は関係ない」
 「あっち(西岸)に皆あつまって釣りよったりするが、あそこだけ来よるっちゅうことはないわ」
 「この辺一帯おるからのう」

 「(エサ釣りでなく)エギでええ。百均の」
 「百均のエギは、腹がすぐ破けるけえボンドを塗っておいたほうがええ」
(エギの表面には布が巻いてあるのだけど、安物は縫い目がすぐにバラバラになります)
 「百均のエギは、腹がすぐ破けるけえ。中国製じゃろ?」
 大事なことなので2回言いました…か?
 「中国製のは粗悪じゃけえ、むかしズボン買うたら横の所の縫い目がほつれてびゃーっと割けたりしたわ」
 「ユニクロが工場を造ったりしてから良うなった」 

 「百均なら根掛かりしても知れとる。釣具屋の何百円もするエギじゃもったいのうてダメ」
 「色は?」(エギは赤・黒・紫など色系統がある)
 「赤けりゃなんでもええ」

 「たも(網)が要るで」
 「ちょっと前から始めたが、4回釣って4回落とした」
 「(水面から)揚げると勢いよくブシューッと吐くけんの、それで暴れて落ちる」
 「4回釣って4回とも落としたら世話無いわ」

 「朝がええ」
 「昼や夕方より、朝来たほうがええよ」

 ありがたい話をいただいたことを思い出しながら、スーパーで買った塩サバを短冊に切って次回に備える次第です。

【ナチュラム通販】

2011年6月22日

51cm水槽の導入 その5

 水槽立ち上げから約20日が経ちました。

 メダカは健康。ミナミヌマエビも2匹ほど落ちただけで、これは自然死の範囲です。
 水の透明度は安定、亜硝酸塩の濃度も問題ないレベルで継続。

 今回の立ち上げは成功のようです。
 バクテリアの養生に努めたのが功を奏したのでしょうか。
 ちなみに、生体の水合わせは水温合わせのみで、水質の合わせは今回ほとんど行いませんでした。

 旧水槽ではメダカの孵化が始まっています。

P6223512_001.jpg

2011年6月19日

イカが釣れない

 とうとう6連続ボウズです。イカに固執しているからこうなるわけで、サビキにすればメバルが、投げにすればシロギスが釣れるはずです。

 おまけに今日はテーラを2連丸ごとロストしてしまいました。拾い揚げようとしてタコテンヤで海底をごそごそしていたら二次災害が発生する始末。
 大人しく納竿して、かめや釣具へ。

 エサ巻テーラはサイズ(SS-L)、オモリ有無、針の形状と大きさといったスペックのバリエーションがあります。
 買ったのはヤマシタのエサ巻テーラセットコウイカM2。2連のテーラのうち1つは小型のイカをターゲットとする2段針で、もう1つは大型のコウイカ類を狙う1段の大針。大針は初めてなのでこれに期待。
 適合ウキは2号と書いてあるのだけど、餌を付けたら3号相当になるのだろうか。現地合わせが必要そう。

 エサは小イワシを主に使っているのですが、甘エビやサバの切り身も併用していこうと思います。

 ああ、シリヤケイカのねっとりした刺身をわさび醤油で食べたいよう。2杯目は唐揚げにして食べたいよう。

【エサ巻テーラ】
P6183510_001.jpg

2011年6月13日

51cm水槽の導入 その4

 水槽立ち上げから10日ほどが経過しました。

 およそ2日に1匹のペースでメダカを移入し、現在6匹です。
 エビも今のところ落ちた個体は確認していません。

 水の透明度は安定、亜硝酸塩の濃度も問題ないレベルです。

 旧水槽にはエビが半分以上残っていますが、そろそろ移し替えてしまおうと思います。

2011年6月8日

シリヤケイカと近況

 今シーズン、イカ釣りなどに出かけて4連続ボウズです。
 「今日はイカいないな」
 と諦めてグッタリしていたのですが、先日は近くのおっちゃんがエギでシリヤケイカを2杯揚げていたのを見て欲求不満度が著しく上昇した次第です。

 そのときは私とおっちゃんの間に、白人の若い男が座っていなり寿司とおむすびをぱくついていました。決してじろじろ見ていたわけではなく、仕掛けを投げるたびに周囲を確認する必要があったため視界に入っていたのです。
 ただ、「面白いもの食べてたりするのかな」「和食好きな外人っていいな」とぼんやり数年前の富士山ツアーで一緒だったFord/mazdaの人たちのことを考えていたりしました。

 おっちゃんが
 「釣れたで!」
と叫ぶと、男が
 「wao!」
と、つぶやきながら歩み寄っていくので、私も暇つぶしに竿を置いて見に行きました。

 おっちゃんは「やったぜ」という気持ちを隠して澄ましていましたが、男はケータイでイカの写真を撮りながら
「wao!」「wao!」と繰り返しています。

 私は「志村かよ!」と口にする必要もなく説明する手間も避けたかったので、ただ「シリヤケ(イカ)だねえ」とつぶやくと、「wao!」。

 「wao!」で我に返り、「群れが来ている!」「仕掛け出さなきゃ」と持ち場に帰り 
 「ナニタベマスカ」
 「~~~」
 「コザカナ、チイサイサカナデスカ」
 というやりとりを聞きながら、静かな海を眺め続けるのでした。

 ・東村山音頭

 それと、事務所のトイレの水が流れなくなったので、ロータンク内を見てみたらレバーとフロートバルブをつなぐ玉鎖が切れていました。構造を初めて調べて、パーツをホームセンターで買い自力で修理しました。フロートバルブのゴムが劣化して黒いドロドロとなってまとわりついているのに辟易。手袋しておいてよかった。

 あとは、タマネギと人参が安かったので、冷凍もも肉の処理のため1年ぶりくらいにチキンカレー自作。
 カレーはまずくなりようがないと思うけど、ルーを入れる前に肉から出る脂とアクを取る工程だけは必須。
 自家栽培の乾燥ハバネロは少量でも辛味が増すので在庫がちっとも減りません。

 そんな感じの近況。