Home > 2007年12月

2007年12月22日

ウイルス性胃腸炎 終息

 つづき。

・木曜日
 下痢は継続。トイレの回数は2,3回。熱はない。
 「腸まで届く乳酸菌」のヨーグルトとヤクルト、パン、うどんを買ってきた。

・金曜日
 下痢が続くし、薬も切れるので朝一番で病院に行く。血を抜いた後に注射。
 白血球数は4400/μlとなり、日曜日の11500から大幅に減った。
 医者によると、もう明日くらいには下痢は治まるだろうという話でした。

 処方薬 ・ロペミンカプセル1mg、ミヤBM

・土曜日
 前日病院に行って以来、便が出ません。下痢が治って蓄積中ってことでしょうか。
 ロペミンは金曜に1回飲んだきりで服用中止しました。下痢が止まったらすぐやめるよう指示されていたので。
 夜、おそるおそるウイスキーの水割りを…。

 気が付けば連休なのですが、くたばっていた間に処理すべきことが溜まってしまったのでやります。

ノロウイルスに関するQ&A(厚生労働省)

2007年12月20日

ウイルス性胃腸炎 その後

 日曜からの経過をまとめます。

・日曜日
  病院から戻った後、ロールパン6個と水を断続的に摂る。
  これは点滴を受けたことと、投薬による小康状態に明らかに油断したもの。

・月曜日
 下腹部の強い痛みと激しい下痢が再開。ブスコパンの効きめが緩い。微熱継続。
 ヨーグルト1個、ヤクルトもどきと水。
 ちなみに買ってきたヨーグルトもヤクルトもどきも、「乳酸菌が腸まで届く」とうたっていない製品のため、含まれている乳酸菌のほとんどは胃酸で殺菌されてしまっている模様。気安め。

・火曜日
 若干緩和されたものの症状は継続。時折微熱。
 ヨーグルト2個、ヤクルトもどきと水、豆腐のみそ汁2杯、おかゆ1杯。
 買いに行く気になれないので、気安め乳酸菌摂取を継続。
 本当はスポーツドリンク等で塩分と水分を補給するのが良いんだけど、やはり買いに行く気になれないのでみそ汁でごまかす。いいのか。

・水曜日
 さらに緩和されたものの症状は継続。トイレの回数は3,4回までに減少。時折微熱。
 おかゆ2杯、ヤクルトもどきと水、飴。
 こってりした食べ物をマッチ売りの少女のように次々と思い浮かべるも、どうしようもない。飴を見つけたので仇のようになめまくる。 

 ここまで書いて、摂取すべきものについて適当にごまかしていることが分かりました。明日、体調の隙を見てスポーツドリンクと何か買ってくることにします。遅いよな…。

 前回、「皆様もお気をつけ下さい」などと適当に締めてしまっていますが一体どう気をつけろというのか。
 ノロウイルスは経口感染します。Wikipediaのノロウイルス-感染予防の項を提示して、今日はお別れです。

2007年12月16日

ウイルス性胃腸炎

 今朝3時か4時頃から、微熱と腹痛と下痢に襲われ涙目。辛うじて薄い睡眠を得る。
 夕方16時頃、次々と押し寄せる波の隙を見てPCに取り付く。

休日当番医情報

 幸いにして偶然徒歩圏内に当番医があったので、意を決して脱出。→血を抜いて点滴→白血球数増→ウイルス性胃腸炎の可能性→処方→帰還。

 いわゆる「お腹に来る風邪」みたいなものです。2,3日安静にしていれば良くなるとのことなので、しばらく療養します。
 医師によると似たような症状の患者が複数来ている、ということで流行っているのかも知れません。皆様もお気をつけ下さい。

 今日の処方薬
 食後「ミヤBM錠」*2、「クラビット錠100mg」*1
 頓服「ロキソニン錠60mg」*1、「ブスコパン錠」*1

【モミジ 07.12.11】
モミジ

2007年12月7日

作物栽培はペイするのか? その4

 午後、広島地裁に行く。西側の駐輪場に空気入れが備え付けてあった。
 1Fをうろついて見るも、案内板に不動産競売関係らしき文字が無いので守衛に訊く。東棟1Fだって。あれ、前は2Fにあったのに。
 東棟1Fに入るとすぐ正面がカウンターで、左に閲覧室、右に執行官室。閲覧室に入って物件ファイルをデジカメで撮る。コピー機もあるけどもちろん有料。
 撮り終えてファイルを棚に戻そうとしたとき、備え置きのチラシが目に。
 「インターネットによる競売物件情報閲覧案内
 えー、webで3点セット(物件明細書、現況調査報告書、評価書)が閲覧できるようになったのかあ。

 権利関係や占有状況はスッキリしているようだったことと、土地が全面深い竹藪と化していることを把握し、週末に現地を見てこようと決心しました。

 帰ってきてからは、竹林の駆逐にはグリホソート系薬剤を節の中に注入するのが有効であるとか、ラウンドアップよりも農薬登録されていないグリホエース等のジェネリック品が安価であるとか、小型パワーショベルのレンタルには「車両系建設機械の運転業務に係る特別教育」の受講が必要なこととかを調べまくり、ようし、週明けは入札保証金を握って地裁へGo!だ。気分はロマンティック浮かれモード。古。

 夜、PDFの3点セットを読み直しているとF氏から電話。
 「地裁行ってきたけどさあ、いまwebで3点セット閲覧できるんだよ。無駄足。」とか言いつつ、URLを伝えると「引っかからない」。また何かミスってんだろう、とアクセスして検索してみると引っかからない。
 「まさか…」
 3点セットが載っていない方の地裁競売情報サイトを見てみると

 「売却」

 オワタ\(^o^)/
 「特別売却」の競売物件は入札価格の優劣ではなく、先着順なのです。早い者勝ち。
 まさかあの竹藪を買う人がいるとは…。そして今日入札するとは…。

 祭りは終わり、また地道に探す日々です。

 ちなみに、広島地裁1Fの食堂の営業は12:00〜13:30で、ラーメンが450円です。

2007年12月6日

作物栽培はペイするのか? その3

 つづく。と言ったまま放ったらかしの記事がありました。今年1月の「作物栽培はペイするのか? その2」です。
 この際、端折って説明すると
・「干し柿」とか「梅干し」の利益率って高くね?
・作って小遣いにしよう
・果樹を植える
・土地が必要
・お安く

 そう、土地が必要なのです。しかもお安く。そこで、地裁の競売物件をウオッチしたり忘れたりウオッチしたり忘れたりしていたのですが、この度、久々に面白い物件を見つけたので少し興奮気味です。詳細は競売終了期日まで明かしませんので悪しからず。

 地裁の不動産競売については、数年前からF氏が興味を持っていて実際に入札までしたことがあるようです。落札には至らなかったようですが。
 私も当時つられてオンラインの競売物件情報を眺めたり、頼まれて地裁の物件ファイルの閲覧や開札の見学をしたこともありました。

 取りあえず明日、地裁で物件ファイルをチェックして週末には現地の状況を確かめてこようと思います。良さそうだったら入札する予定。

 写真は、今秋ついに広島地区でも導入されたJR西日本のICカード、ICOCA。JR東日本のSUICAのことです。これに合わせてやっと自動改札が設置されました。来年にはバスにも拡大されるそうです。東京で言うところのPASMO

【ICOCA 07.11.17】
ICOCA