Home > 2006年7月

2006年7月30日

ハイブリッドなもの

 届出書類が一発で受理されると超きもちいい!
 久しぶりにご機嫌な週末です。

 某役所に行くためにタクシーに乗って、何気なく書類を眺めていると記入欄が1行ずれている箇所を発見。慌てて引き返して修正し、再チェックするともう1箇所未記入の欄がある。何やってるんだか。いずれも致命的なミスじゃないけどしっかりしないと。
 ということで改めて出発し、冒頭部分へつながるわけです。

 話は変わって、事務所では時々侵入する蚊の駆逐に、蚊取り線香を使っていたのだけど、煙が臭い・人のノド方面が弱るということと、ちょうど無くなったこともあり、液体の薬剤を導入することにしました。
 そこでドラッグストアに行き数社の製品を眺め比べてみる。特に大きな価格差があるわけでもないので思考が停止しかかっていたところ、1つの特徴が。
 液体薬剤も、固形のマット薬剤も両方使える製品!
 ハイブリッド…。
 この1点でフマキラーのベープを買いました。
 ただ、液剤1つで66日使えるのにマットを買うことがあるのだろうか。
 (液剤とマットは排他的で、同時使用はできません)

【ベープ 06.07.29】
P7290002_001.JPG

2006年7月28日

写真はタマネギ

 期限がある仕事で、むあーっと心穏やかでないところ。もっと早く再連絡しておけば良かったとか、テンパっても落ち着けとか、反省しながら。
 金曜日に全部終われば大団円。そうでなければ月曜日が背水の陣の決戦。
 客先都合ではなく、法定期限だから泣ける。やばい。

【引っこ抜いたタマネギ 06.06.26】
P6260002_001.JPG

2006年7月26日

花火大会

 土曜日は、誘われて広島港の花火大会に行ってきました。
 人込みの中、左手にフランクフルト、右手にワンカップという状況ではなく、個人協賛者席という桟敷でした。
 みんなで買い出したつまみと酒をいただきながら、打ち上げ地点間近の仰角で首がいてーいてー、しかも間髪無くどかんどかんという感じで上がる花火を、炸裂の衝撃波とともに観ていました。
 梅雨明け前なのに蒸し暑くもなく、海風で涼しくて快適でした。港(仁保沖から金輪島・宇品)には小型船がたくさん浮かんでいて、「あぁ船から観るのもいいな」と思ったり。船操縦するんだったら酒飲めないじゃん!(船でも酒飲んでぶつかったりしたら捕まります。酒飲んでなくても捕まるけど)とかトイレ無いし!とか、そもそも船もってないじゃん。てゆーか小型船って揺れるからみんな酔い止め薬のまないと大変なことになるよ。

 今日(25日)は、行政書士会の研修で新会社法施行後の財務諸表うんぬんの話を聞いてきました。特別に書くことなし。

 最後に、花火の写真は無いのできゅうり。このきゅうりは放ったらかしにしていたので、昨日収穫したときにはめちゃくちゃ太くなって黄色っぽくなってしまい食べることができませんでした。

【きゅうり 06.07.21】
P7210002_001.JPG

2006年7月22日

朝顔

 仕事は連絡待ちの案件のみなので、事務所で気ばかり焦っている一日。月末過ぎたら取り返しつかないことになるので、月曜には再連絡しなければ。

 写真は、昨日から咲き始めた朝顔を昼過ぎに撮ったもの。 

【朝顔 06.07.21】
P7210007_001.JPG

2006年7月18日

初物収穫

 雨がちです。今週は客先や銀行に出かける予定があるのに、毎日の降水確率が50-90%という高さ。テンション下がりっぱなし。

 しかし、灼熱の屋上でプランター十数個を管理する身としては水やりをサボることができるから、その点では嬉しかったりするわけで。今日は、ざっと眺めてナスとピーマン、枝豆を収穫しました。

 ナスは一番の水飲みで、水やりをせずに夕方ふらっと様子を見に行くとまずへなへなにしおれちゃってる。実が成ってるときは、その実までもしわしわになっちゃうのでビジュアル的に「しまった」感が強いが、大量に水を与えれば次の日には平気な顔をしている。一昨日、しわしわにしてしまったので再びふくらんだ今日収穫した。

 ピーマンは剪定せず放任していたところ、いつの間にか大きくなっていたので収穫。去年のことを考えると、うちの環境ではナスとピーマンは病虫害に遭いにくいようなので支柱に誘引して適当に肥料と水をやっていれば大丈夫な様子。

 枝豆は、去年に5mm位のカメムシが「うわあっ」という程たかられたので、今年も覚悟していたんだけど意外と付いていない。1株あたり十数匹だったところが1匹程度に減ってる。地道に割り箸でつまんでは潰しつまんでは潰したのが功を奏したのだろうか…。今年は薬を撒いてやろうと思っていたけどもういいや。ちなみにカメムシは葉っぱや実を直接に食害するのではなく、汁液をちゅうちゅう吸って養分を横取りするため主枝にくっつきます。

【収穫したナス・ピーマン・枝豆 06.07.17】
P7170003_001.JPG