Home > 2010年8月

2010年8月26日

タコ釣りを始めるの巻。

 少し前からタコ釣りに興味がわいて色々調べていたのです。柔らかく仕上げたタコの天ぷらや唐揚げで一杯、っていいなあと。

 タコ釣りの仕掛けは、水平方向と垂直方向で大きく分かれます。
 タコテンヤはチョイ投げで引きながらの釣り仕掛けで、根掛かりしにくいように背が平で針も腹向きに3本ほどというものです。
 タコジグは、岸壁直下の探り釣り仕掛けで四方八方に針が出たものをどすんと落とすものと、タコテンヤのように引きずるよう片側にのみ針が出たものがあります。
 テンヤは疑似餌か生餌を縛って誘い、ジグはそのものの形が疑似餌です。
 私はこのように理解しています。

【上:タコテンヤ(ゴム蟹付き) / 下:タコジグ(引きずり)】
P8263197_001.jpg

 日没近い頃に、かめや釣具でテンヤとジグを買いその足で中工場緑地へ向かいました。すぐに試してみたくなるんですよね。

 上げ潮。竿はいつものコンパクトロッド。リールはいつもの1000番に3号ではなく5000番に道糸5号。道糸のチチワ直結で、ドスン型のジグ。これで岸壁を探り歩いてみました。
 2m/分ほどのペースで歩きながら直下の底を探っていると、15分ほどで「根掛かり?」的な状態になりました。もちろん竿はしなりますが、ナイロンラインが何となくぶよぶよ動くのでテンションを掛けたまま雑巾を取り出し、ラインをつかんで思いっきり引っ張り上げてみました。素手だと怪我しますからね。 
 すると、仕掛けが動き出したのですぐさま巻き上げます。

 タコでした。小さいけれどマダコでしょうか。浮かれ気分で納竿です。

【タコジグ(探り)とタコ】
P8253195_001.jpg

【ナチュラム通販】

2010年8月25日

HDD交換。

 報告し忘れていましたが、8月1日付でうちのビル管理会社の代表取締役に私が就任しました。実務は当面父が引き続き行うので、特に変わりはありません。

 さて、7月半ばからメインPC(ASUS P5Q-E)が不調で原因不明のフリーズを繰り返し起こしていたのです。あれやこれやいじっていたのですがお手上げでした。そこでとうとうWindowsXPの修復セットアップを決意しました。設定は維持されるので決意が必要な事ではないですが。
 ところで、メインPCのHDD構成は、ICH10RSATARAID1として2台(C:)。オンボードのMarvelのPATAに単体で1台です(D:)。
 セットアップが最終段階にさしかかり、再起動の際に「Windowsを起動しています…」の表示のままログイン画面に移らずフリーズ。セーフモードでは起動するという状態になり、面倒な事になったとBIOSをあれこれいじってみたところ、MarvellのPATAをoffにすると無事起動。さらに原因を切り分けるために、HDDを物理的に切り離しPATAをonにしてみるとこれも起動。HDDの不調が原因のようです。よく聞くと確かに変な音がします。
 とりあえずデータを引っこ抜いて、めぼしいHDDを検索しました。選んだのはこれ。SeagateのST3500418AS。SATA2, 500GB, 7200rpm。ドスパラで3780円。
 2台買って、ついでにRAIDのHDDを置き換える事にします。

 まず、ICH10Rで新HDD2台でRAID1のアレイを組みます。ここ重要。
 次に、MaxBlast5で、旧アレイから新アレイにクローンコピーします。
 そして、物理的に旧アレイを切り離した後に、新アレイで起動します。物理的な切り離しを怠ると、ドライブレターがずれて正常に起動しなくなります。最初からやり直しです。

 ちなみにMaxBlast5は、SeagateまたはMaxtorのHDDが単体で最低1台つながっていないと起動しません。Seagate/MaxtorのHDDであってもアレイを組んでるとダメなので、USBか何かで適当なドライブをつないでおきましょう。

 こうして、余った旧アレイのHDDを(D:)として再利用して置き換えは完了しました。

ST3500418AS
P8213184_001.jpg

2010年8月23日

18L水槽立ち上げ。 その3

 だいぶ時間が経ってしまいましたが、その後のこと。
 
 先行投入したメダカとエビが無事なことを確認し、立ち上げ1週間後くらいに水作エイトSと、クロモ、ネジレモを追加投入。さらに数日様子を見ました。
 その後、動作音がうるさいテトラAT-30を外しAT-20に取り替え、既存水槽からメダカとエビを水合わせしながら移し替えました。

 メダカは相変わらず元気ですが、ミナミヌマエビは水温26度でもどんどん白くなっていきます。水合わせは10時間程度行ったのですが…。

 新しく導入したクロモは、大磯砂に挿しておくと節から根が出て、さらに砂中から新芽が伸びてきている状態です。同じく新規導入のネジレモ(スクリュー・バリスネリア)は有茎草ではないのでもちろん根付きで植え付けたところ、6株中4株は分けつが進み順調に生長しているのですが、2株は元気が無く徐々に茶色くなって溶けていく様相です。

 エビ養殖計画は頓挫しつつあり、追加導入して生き残る個体をさらに確保するべきかどうか悩み中です。

P8223187_001.jpg

2010年8月3日

18L水槽立ち上げ。 その2

 新しい水槽に、大磯砂とマツモ3本、そして現行水槽から大磯砂を2すくいと水3Lを加え、外掛け式フィルタを動かしています。

 そして2日目。新水槽を眺めていたら、まさかのメダカ稚魚が。孵化したての5mmサイズが4匹。現行水槽には孵化寸前の卵がいくつかあるので、混入したのでしょう。新水槽には親メダカがいないので食べられることなく泳いでいたのだと思います。

 3日目。孵化したての稚魚は豆腐の容器に隔離して、現行水槽に付けているスドーのサテライトSを新水槽に付け替えました。
 このサテライトには、春に産まれた10~15mmのメダカが5匹と同サイズのミナミヌマエビが1匹入っています。
 エアリフトで12時間以上水合わせをした後、全て新水槽に放ちました。水槽立ち上げの尖兵となってもらいます。生きてくれ。

 5日目には、追加注文した用品と水草が到着する予定です。

2010年8月2日

中工場緑地でコノシロ初ゲットの巻。

 小イワシが呼んでいるような気がしたので、潮を見ずに中工場緑地に釣りに行きました。

 いつものコンパクトロッドにいつもの道糸3号。5号サビキ仕掛けに下かご。エサは、冷凍アミエビレンガに米ぬかのミックス。

 夕方、現場に着いてみると下げ潮のようです。冷凍アミエビを解かすのももどかしく、米ぬかを混ぜ混ぜしてポチャン。
 しばらくはアタリが無かったのですが、撒き餌をしてみると来ました。
 小イワシです。今年の初物です。明けましておめでとうございます。この日の小イワシは表層ではなくて、中層にいました。また、底の方ではメバルがかかりました。

 またしばらくは、仕掛けを降ろす、小イワシかかる、時々メバル。の繰り返しです。群れは濃密でないようで、様子を見ても6本針のサビキにせいぜい2匹どまりです。1度、4匹ヒットしたときはニヤリとしました。心の中で。

 干潮近くの18時くらいになり、小イワシ・メバルのルーチンの中に別の魚が加わりました。
 アタリが来てリールを巻き上げようとすると今までと違う重みが。ボラか何かがスレ掛かった(口以外のところに針が掛かること)のかと思いきや、コノシロでした。

 長らく釣ってみたいと思っていたコノシロが釣れたのは嬉しかったです。この後、日没間際の納竿まで中層で小イワシとコノシロが交互に、下層でメバルが釣れ続けました。
 ちなみに、かなり劣化した道糸3号でもコノシロがダブルでヒットしても大丈夫でした。

 釣果は、コノシロ20~25cmが約10匹、小イワシが20~30匹、メバルが10~15匹です。アミエビレンガ150円と無料米ぬかに対して久々の黒字です。

 しかし、コノシロの調理法が分からないのです。これは実に骨が多い魚で、一般的には3枚におろして酢で締めて骨を柔らかくした上で食べたりするのですが。どうにも釣れた数が多い上に、酢がありません。
 ということで、鱗と頭と腸を落とした状態で冷凍庫行きです。
 叩いてなめろうとかどうかな…。

 しかし釣れたら釣れたで、魚をさばくのに1時間や2時間もかかってクタクタです。板前への道は険しいですね。

【釣果 2010.07.31】
P7313123_001.jpg

【ナチュラム通販】