Home > 2011年10月

2011年10月8日

太田川放水路でサバを釣るの巻

 夕方、太田川放水路へ。狙いはハゼ。潮は上げ潮。
 タックルはコンパクトロッドに道糸3号。ジェット天秤10号に2本針キスカレイ仕掛け7号。エサは冷凍生甘エビ。

 先客はファミリー1組。青虫(青イソメ)かゴカイでシロギスをぽんぽん釣り上げています。 
 私はボウズに王手です。
 まず、竿が短くて遠投できないこと。そしてエサの冷凍生甘エビ(ハサミでカットする)の最大の欠点として、身がちぎれやすいこと。これらが影響しているのでしょう。
 冷凍生甘エビは、青虫などの生き餌を買いに行くのが面倒なこととコスト面から考えて数年前から採用していたのですが、最近は身ちぎれのリスクを重視してハゼ釣りへの適用除外を考えています。そもそもスーパーで売ってる甘エビを塩で締めたりせずに冷凍しただけのものなので、期待すべきものではないのです…。

 このようなことを考えながら水面を眺めているうちにファミリーも帰り、日も傾いてきました。
 納竿しようと、ジェット天秤を浮かせながらリールを手早く巻いていると、残り数mのところでヒット!
 水深数十cmの浅瀬で横走りしているのはなんとサバでした。スレかかったのかと思いきやきちんと口に針がかかっています。
 思いがけないボウズ逃れで気分よく納竿。

 ちなみにこのサバをさばいていたら、腹から3cmくらいのキビナゴが数匹出てきました。小魚を追ってこんなところまで来たんでしょうかね。

【サバ 2011.11.08】
PA083654_001.jpg

【ナチュラム通販】