Home > 2009年10月

2009年10月31日

原付自転車取得計画。 4-購入と諸手続

 気に入った原付が見つかれば、購入手続に入ります。ここで必要な費用は次の通り。
車両本体価格…原付車両そのものの価格。
整備費…タイヤ交換など、安全に走行できるようにするための整備費用。詳しい内容は販売店に訊いてください。
防犯登録費社団法人全国二輪車安全普及協会・警察庁への登録費用(法定義務ではない)。
市区町村への登録代行費…ナンバープレートの交付と「軽自動車税」の納税のため、市町村に届け出る必要があります。この手続の代行費用。
自賠責保険料…法定の強制保険です。保険料はどの保険会社でも同じ。

 この内、市区町村への登録については、自分で行うことにより費用を省くことができます。販売店から渡される「販売証明書兼防犯登録票」を役所に持って行き、備え付けの「申告(報告)書兼標識交付申請書」に記入するだけです。その場でナンバープレートを受け取ることができます。広島市の場合は手数料は掛かりませんが、市区町村により扱いが異なるかも知れませんのでwebサイトなどで確認して下さい。また、自賠責保険の加入のためにナンバーが必要なので販売店に連絡します。→広島市軽自動車税

 自賠責保険は強制加入ですので、購入と同時に手続をする必要があります。これは法定保険で、複数の保険会社が取り扱っていますが保険料に差はありません。ただ、契約期間の単位によって年度当たりの保険料が変わります。(例:1年契約:6,960円、5年契約:14,070円=1年当たり2814円。2009年10月31日現在)→日本興亜損保
 自賠責は、車両を買い換えたときに「車両入替」手続をすれば保険を継続したまま対象車両を変更できるので、長く原付を乗り続ける見込みの場合は、最大の5年契約がお得です。ただし、販売店で変更手続をする場合は手数料が必要になる場合があります。保険会社で手続をすれば無料だと思われます。

 自賠責は人身事故の際に相手方へ最低限の補償をするための保険ですので、任意保険として各保険会社が扱うバイク保険に加入しましょう。これは保険会社によって保障内容や保険料が異なります。色々な保険会社から見積もりを取って、自分に必要な保険内容で有利なものを選びましょう。普通自動車の保険に加入している場合はファイリーバイク特約の付加がお得です。

 私は自ら区役所に行って手続をしたので、車両本体価格+整備費7350円+防犯登録費1260円+自賠責保険料を販売店に支払いました。任意保険は後日にインターネットで複数社の見積もりを得て、アクサダイレクトのバイク保険に加入しました。



2009年10月28日

ヌカのこと。

 試験的に各種IDによるログイン認証を経ずにコメントできるように設定してみます。

 さて、米ぬかの話。岸壁からのサビキ釣りでは、体長1cmくらいの冷凍アミエビをカゴに詰めて使います。これに米ぬかを混ぜると集魚効果が高まるようで、大きい釣具店では大袋で売られていたりします。

 しかし米ぬかなんて、捨てられるものだから郊外にあるコイン精米機で手に入らないだろうか。そこで検索すると、一番近くにあったのが広島市中区河原町のコイン精米機。さっそく見に行きます。すると、機械の横に「ヌカハウス」と表示されたドアが!
 「何だ簡単に見つかるもんだな」
と、ノブをひねると鍵が掛かっています。

 鍵の掛かっていないところ、誰か知りませんか…。

【コイン精米機 09.09.10】
コイン精米機

2009年10月22日

太田川放水路でハゼを釣る 2009もうすぐ終わり

 先月から未だかつて無いハゼ釣りブームが、私だけの中で巻き起きていたわけです。
 が、日没前にふらっとポイントに現れて1時間ほど竿を振っているのも、週末にがっつり釣り上げるのも飽きて参りました。「釣ったからには食える限り食う主義」の私が、釣り上げたハゼを持ち帰りさばく作業に飽きた、というのが正しいかも知れません。
 「キモくてマジ魚とかさわれなーい」というのではなく、ウロコを落として頭も落として腹を割いて内臓を出して洗い、必要があればさらに3枚におろす、という作業が面倒くさくなって来たのです。
 ハゼは小型で体表が粘液でぬるぬるしているし、新鮮過ぎる(死後硬直に至っていない)体は刃元からふにゃふにゃと逃げていきます。

 ということで某日と某週末に太田川放水路はいつものポイントに出向きました。

 某日没前、10号ジェット天秤に2本針のキスカレイ仕掛け+甘エビの切り身。1時間でハゼ6匹。顔見知りになったおじさんからの情報では、河口寄りで夜に20cmくらいのメバルが浮き釣りであがっているとのこと。カキ棚の手前らしい。

 週末。同じ仕掛けでエサは青虫。3〜4時間粘って2人で50匹超。数えることも写真も撮りませんでした。そういう感じの勢い。満潮時はさっぱりだったのが、引いてくるとカキ棚の杭周辺で入れ食いでした。
 後は写真を見て下さい。現場で私が20匹ほどさばいて、友人が天ぷらにしました。これも楽しかったです。

【ハゼ 09.10.15】
PA152076_001.jpg

【ハゼの天ぷら前 09.10.17】
PA172078_001.jpg

【ハゼの天ぷら中 09.10.17】
PA172081_001.jpg

2009年10月13日

太田川放水路でハゼを釣る 続報

 その後、太田川放水路のポイントには3回赴きました。

 某日日没前、仕掛けは引き続き船釣り用天秤に5号ナスオモリ、7号キスカレイ2本針仕掛けにエサは冷凍甘エビの切身。1時間ほどで3匹。

 翌日日没前、仕掛けとエサは同じ、釣果も同じ3匹。10号のジェット天秤を買って帰りました。

 週末。10号ジェット天秤に7号キスカレイ2本針仕掛け、エサは青虫(青イソメ)で税理士M氏と。午前中の満潮3時間半前から2時間半ほどで私が28匹、氏が約20。それ以降はさっぱり釣れなくなりました。釣れているときは遠投よりも10mくらいのちょい投げでばくばく来ました。
 ちなみに先客のファミリーも50匹ほど釣ったそうです。

 帰ってからハゼをさばくのが面倒なのですが、鱗を落とし頭と内臓を外す作業を28回で40分。しんどいけど天ぷらが…うまい!

【M氏 09.10.10】
PA102068_001.jpg

【ハゼ 09.10.10】
PA102071_001.jpg