« | »

2011年6月8日

シリヤケイカと近況

 今シーズン、イカ釣りなどに出かけて4連続ボウズです。
 「今日はイカいないな」
 と諦めてグッタリしていたのですが、先日は近くのおっちゃんがエギでシリヤケイカを2杯揚げていたのを見て欲求不満度が著しく上昇した次第です。

 そのときは私とおっちゃんの間に、白人の若い男が座っていなり寿司とおむすびをぱくついていました。決してじろじろ見ていたわけではなく、仕掛けを投げるたびに周囲を確認する必要があったため視界に入っていたのです。
 ただ、「面白いもの食べてたりするのかな」「和食好きな外人っていいな」とぼんやり数年前の富士山ツアーで一緒だったFord/mazdaの人たちのことを考えていたりしました。

 おっちゃんが
 「釣れたで!」
と叫ぶと、男が
 「wao!」
と、つぶやきながら歩み寄っていくので、私も暇つぶしに竿を置いて見に行きました。

 おっちゃんは「やったぜ」という気持ちを隠して澄ましていましたが、男はケータイでイカの写真を撮りながら
「wao!」「wao!」と繰り返しています。

 私は「志村かよ!」と口にする必要もなく説明する手間も避けたかったので、ただ「シリヤケ(イカ)だねえ」とつぶやくと、「wao!」。

 「wao!」で我に返り、「群れが来ている!」「仕掛け出さなきゃ」と持ち場に帰り 
 「ナニタベマスカ」
 「~~~」
 「コザカナ、チイサイサカナデスカ」
 というやりとりを聞きながら、静かな海を眺め続けるのでした。

 ・東村山音頭

 それと、事務所のトイレの水が流れなくなったので、ロータンク内を見てみたらレバーとフロートバルブをつなぐ玉鎖が切れていました。構造を初めて調べて、パーツをホームセンターで買い自力で修理しました。フロートバルブのゴムが劣化して黒いドロドロとなってまとわりついているのに辟易。手袋しておいてよかった。

 あとは、タマネギと人参が安かったので、冷凍もも肉の処理のため1年ぶりくらいにチキンカレー自作。
 カレーはまずくなりようがないと思うけど、ルーを入れる前に肉から出る脂とアクを取る工程だけは必須。
 自家栽培の乾燥ハバネロは少量でも辛味が増すので在庫がちっとも減りません。

 そんな感じの近況。

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメント





HTMLタグは使用できません。