自転車でのロングランにつきまとう不安は、チャリンコの不調と補給です。
 タイヤがパンクしちゃうかも。チェーンが外れちゃうかも。ご飯と飲料水が買えないかも。
 見知らぬ土地で出遭うトラブルは、たとえ些細なことでも大きな怖さとして感じるものです。
 ここはただ神仏に祈るばかりの無責任さ加減よりも、現実的にセーフネットを張るべきです。 

 取りあえず、タイヤの補修キットは準備しておき、ルート付近のコンビニと100円ショップの位置をWebサイトで把握しておきます。
 自転車屋の位置も…難しいけど極力把握します。

(自転車の保守用品)
パンク修理キット(パッチ、接着剤、紙やすり、タイヤ外し器具)
・バケツ(釣り用の折りたたみ式のもの)、石けん
・空気入れ

(自転車装備)
・電池式の前照灯・後方用赤色灯、電池

【キュウリの花 06.07.14】
P7140025_001.JPG

道後温泉への道(その3)” に対して3件のコメントがあります。

  1. Uzumaki より:

    いいなー、楽しそうじゃね。
    いつ行くん?

    コメントしようとしたら、自分のユーザーIDがわからなくなってたよ!

  2. RON より:

    9月29日〜10月3日の間に出発する予定。
    楽しく終わればいいけどね〜。

  3. Uzumaki より:

    もうすぐなんじゃね。今週末は天気も良さそうだし、丁度いいね。
    10月1日はうちらも向島周辺でカヌーする予定なんよ。
    もし上から見えたら大きな声で呼んでね。

Uzumaki へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

海難事故