2020年5月30日

中工場緑地で釣る! part.11

 緊急事態宣言が解除されたので、若干後ろめたさを感じつつも子供と中工場緑地(広島市環境局中工場)へ、釣りに。

 前回よりは人出があり、ちょい投げや胴突仕掛けの人が多め。サビキで餌をばらまいている人はいません。我々は西側に陣取ることに。潮は上げ潮。

 コンパクトロッド2本に道糸3号、ピンクスキンサビキ仕掛け5号に下カゴ。エサはアミエビレンガ。
 魚影は無く、アミエビを落としても落としても寄ってくる気配がありません。

 周囲では時々小さなメバルが釣れていましたが、こちらは昼飯の小休止を挟んでもアタリ無し。今日はボウズかなと帰り支度を考え始めた頃にようやくヒット。

 少々がっかりな結果でしたが、河口付近では前回のようにアジが釣れることは稀だということを再確認しました。

 ボウズ逃れの功労者、小さなメバルは唐揚げにしていただきました。

【釣果 (メバル) 2020.5.30】
【ナチュラム通販】

2020年3月25日

中工場緑地でサビキ釣り

 7、8年ぶりに中工場緑地(広島市環境局中工場)へ釣行しました。釣り目当てで子供を連れて行くのは初めてです。
 当地は、東西に河口(西側は旧太田川(本川)ですが、東側の名称は元安川なのか京橋川なのか、いずれにしても広島市中心部のデルタ地帯を形成する太田川の河口)がある三角州の先端に立地し、敷地は開放されており、岸壁には高さ1m程度の柵が設置されているので安全です。

 潮は下げ潮。以前シリヤケイカを釣った東側は今日は流れが速くサビキには不向きと判断、緩やかな西側で始めます。釣り人は東西総勢10組程度。人と距離を置いたところにクーラーボックスを置いたところで、チヌ狙いらしい御仁がすっと現れて近くに構えたので、私達はすぐさま移動しました。感染症を警戒する時世ですので、撒き餌や情報交換めあてで近寄ってこないで下さい。本当に。以前は楽しい時間だったのですがね(マズメの入れ食いで話しかけてくるような人を除く)。

 タックルその1はコンパクトロッド(竿)に道糸3号、ピンクスキンサビキ仕掛け5号に下カゴ。
 タックルその2はコンパクトロッドに道糸3号、白スキンサビキ仕掛け5号に下カゴ。
 竿はいずれも私が使っている物で、ウェア以外の物に「子供用」というものはありません。エサは地アミエビレンガ。用意したのは2K、使ったのは1K。私の広島市内のスタイルとしてウキなしで直下を狙います。ボウズ逃れの小メバルが期待できるので。

 下げ潮なので、引いてしまうまでにカゴに解凍アミエビを詰めてどんどん落としたいところですが、セッティングして数投で魚が食わないということが何となく分かったので、子供との昼飯タイムにします。食いが悪いにしろ、岸壁下げ潮のサビキは負け試合に近いので気がそぞろです。

 態勢を整えてのアミエビ投下、いずれもタックルその1のピンクスキンに、ウミタナゴはスレで、アジはパクッと。釣れました。
 子供に、アジが掛かった竿を渡しながらそれに伝わるブルブルが、水の中の魚の動きだと教えましたが、未就学児には道具を握るのが精一杯でした。バケツの中で泳ぐ魚を見て楽しそうにしていたのは釣り人としては幸いでした。

 アジは刺身と焼き魚に、ウミタナゴは刺身にして、骨は油で揚げて頂きました。美味。

【釣果 (アジ、ウミタナゴ) 2020.3.25】

2012年12月20日

中工場緑地でメバル釣り 3

 先日の草津漁港のメバルがあまりにも小さくて悔しいのと、青虫が残っているので釣りに出かけました。場所は、広島市清掃局の中工場緑地。日没前後に事務所を閉めて行きました。潮は下げ潮。

 タックルは前回と同じ。コンパクトロッドに道糸3号、メバル胴突き仕掛け8号。エサは青虫(青イソメ)。ヘチ(足元)を狙いました。
 釣果は次の通り。何とか雪辱を果たすことができました。

【メバル 2012.12.19】
DSCN1468_001.jpg

【メバル、カサゴ(下) 2012.12.20】
DSCN1469_001.jpg

【ナチュラム通販】

2011年11月27日

中工場緑地で探り釣り。と,コスプレ。

 中工場緑地に探り釣りに行ってきました。

 コンパクトロッドに道糸3号、ハリス65cm付きのチヌ針3号にガン玉4Bとオキアミ。
 探り釣りの感触を見に行くだけのつもりだったので、釣果は期待しませんでした。

 現地に着くと、中工場の外階段に数人集まってます。遠巻きに眺めてみると初音ミクのコスプレのような人を撮っていたような。髪が鮮やかな緑色だったからそう思うのですが。

 岸に出ると釣り人が多数。昨日もそうでしたがやはり休日は場所取りが難しいですね。
 南へ歩いていくとそこには黄色い服の集団が。これをやり過ごして南端で釣り始め。
 その集団をチラ見していると、その中には銀髪とハゲヅラの人がいて、黄色いボールを水面に落っことしちゃっていたりしました。(ボールを拾ってやろうと、買ったばかりのタモを出したけど残念ながら届きませんでした。引き潮だったし…。)
 帰って、調べてみるとテニスの王子様のコスプレと判明。

 なんだろう、2組もこんなところでレフ板を持って。

 私は、取りあえず探り釣りの具合を見て日没前に撤収。
 アタリが手に伝わるのが楽しいけども、探り歩くことをしないと釣れなさそう。ただし!人が多いと歩けない。

 ウキ釣りも探り釣りも実地研究は済ませたので、共同研究者か師匠が現れるまでは得意のサビキ釣りでやってみようと思います。やっぱり今のところ好きなのは数釣りなんだよなあ。大きいのを1枚でも釣れたら心も変わるかも知れないけど…。

 釣れた2匹は、夕飯のヒイラギうどんの具となりました。4,5分煮れば骨ごと食べられます。

【ヒイラギ】
PB273715_001.jpg

【ナチュラム通販】

2011年5月5日

中工場緑地でメバル釣り 2

 午後、中工場緑地へ。干潮近くなので最初から諦めムード。

 仕掛けは、ピンクスキンの5号サビキ。エサはアミエビに米ぬか。
 しばらく直下を探ってみても気配を感じられないので、タコテンヤに変えて探るもあっという間に根掛かりでロスト。

 サビキに戻して、直下よりも2~3m沖の底を探るとヒット。メバル!
 しかし今度は、何か大きなものが掛かった感じがしてサビキ仕掛けの下半分がぷっつり。遊びで付けていたワームに何か大きいのが食いついたのだろうか…。
 残った仕掛けに予備カゴを付け直してもう1匹メバルをゲット。
 この後、カゴが根掛かりしてエサが残っているのに終了。

 今回は初釣果を上げたので良しとしよう。

【メバル 2001.05.05】
P5053494_001.jpg

【ナチュラム通販】