2012年3月8日

草津漁港で釣る! part.25

 夕方、事務所を閉めてから草津漁港へ釣りに行きました。

 今日のタックルは次の通り。
 投げ竿390cmにリール3000番、道糸5号。ジェット天秤20号に2本針キスカレイ仕掛け10号。
 もう1本は、投げ竿360cmに2本針キスカレイ仕掛け7号であとは同じ。エサは青虫(青イソメ)です。

 カレイが釣れたらいいなあと思いながら、2本を投げて置き竿にします。ただ、ぼーっとしているわけではなく、数分ごとにサビいたり投げ直したり。

 そして約1時間後に「ちりんちりん」と竿先に付けている鈴の音が。待望のアタリです。慌てず、しっかり食わせる時間を置いてから巻きあげます。すると針先には平べったいカレイではなく細長いウネウネがクネクネしています。アナゴでした。

 30分ほど後にもアナゴが釣れ、その後にも何かが釣れたのですが取り込みの際に岸壁に当ててしまってバレてしまいました。悔しいです!

 ちなみに釣れたのはいずれも7号針の方で、10号の方にはアタリなしでした。

 釣れたアナゴのウネウネとヌルヌルに四苦八苦しながら何とか背開きにし、骨付きのまま唐揚げにしました。美味。

【アナゴ 2012.03.08】
P1010006_002.jpg

【ナチュラム通販】

2012年1月7日

草津漁港で釣る! part.24

 釣り初めに草津漁港へ。朝マズメの釣りは約2年ぶりです。

 タックルはコンパクトロッドに道糸3号、メバル胴突き仕掛け7号。エサは疑似イソメ
 潮は上げ潮。狙いはもちろんメバルです。

 午前6時前から釣り始め。岸壁直下を探ります。
 約40分後にようやく初ヒット!黒メバルです。さらに約30分後に赤メバルを釣り上げたところで、寒くて嫌になってきたので納竿。

 小さいけれど本命が釣れてまずまずの出だしでした。疑似イソメも割と良い仕事をしてくれています。
 今年もたくさん釣れますように…。

【メバル 2012.01.07】
P1073820_001.jpg

2011年12月30日

フローティングベストを買った

 1人で釣行する機会が多いので、岸壁から海中に転落してしまったら助からないと思っていました。夜釣りの際にほどけた靴ひもを踏んづけてバランスを崩し転落、なんてゾッとしますね。防波堤の港外側には、はしごは基本的に設置されていないですし。

 そこで安全のためにフローティングベストを買いました。これさえあれば最低限の救命ができます。もっと早く買うべきだったのですが。

 一緒に買った激安リールもワンタッチボタンでハンドルがたためるし、ローラーもちゃんと回るので値段以下っていう感じではありませんでした。サビキとチョイ投げに使おうかな。

【プロックス(PROX)マリンベスト PX384B】
PC303787_001.jpg

【ナチュラム通販】

2011年12月14日

草津漁港で釣る! part.23

 疑似イソメを試してみたくなったので、日没後に草津漁港へ行ってきました。

 干潮を1時間ほど過ぎた上げ潮。
 道糸3号にメバル胴突き仕掛け3本針10号とナスオモリ3号。エサはもちろん疑似イソメ(サンドワーム)。

 チョイ投げを混ぜつつ、移動しながら岸壁直下を探り釣りました。1時間ほど粘ったところでヒット!割と良い形のメバルです。メバルは群れる魚なので、ヒットした周辺を丹念に探りましたがアタリなし。はぐれメバルのようです。

 釣り始めから3時間弱で疲れ果てて納竿。

 疑似イソメの水中での動きを見てみたら、結構リアル。案外、死んでしまった青イソメより良いかも知れません。
 思い立ってふらりと釣りに行くときには良いアイテムかな。しばらく使って検証してみようと思います。

【メバル 2011.12.14】
PC143736_001.jpg

2011年12月7日

疑似イソメを買った

 このところ足を運ぶ釣具のアウトレットはパゴスばかりで、タックルベリーはご無沙汰していました。ふらっと立ち寄ってみると、
 「このカード古いやつですね」
 「えっ」
 会員カードがリニューアルされて無効になるくらいのご無沙汰でした。

 メバルの胴突き仕掛け(2セット入)が84円で置いてあったので買い。それと、パゴスにも置いてあったと思うが、おそらくそれより少し安い価格で樹脂製の疑似イソメがあったので買ってしまった。

 青虫(青イソメ)は大抵、横川のニシムラ釣具で買う。が、「青虫500円分ください」と言って求めても1回の釣行では余らせてしまう。生き餌を水中に捨ててしまうと、交雑による生態系へのDNA汚染がどうのこうのという問題もあるし、何よりもったいない。持ち帰っても数日ならば生きているが、その間に釣行できるとは限らない。死んだ青虫はクタクタのひょろひょろでまるでゴミのようだ。

 ボウズ続きで新規投入をためらう展開だが、機会が来ればこれを使ってみようと思う。
 しかしパッケージが、「ルアーフィッシングには見向きもしないエサ釣り層へアピールしてみました」的な露骨さ加減が「ぐぬぬ」と私をうならせつつもその針に釣られてしまったわけなのでありました。(写真上が外パッケージで、下が内パッケージ)

PC083724_001.jpg