2009年6月5日

草津漁港で釣る! part.8

 M社長(釣り部のM氏ではない)と飲んでるときに約束したのを、うっかり思い出したため草津漁港に。当初はイカ釣りの予定だったのですが、前日にM氏(釣り部)から
 「小イワシ爆釣、クーラー満杯の模様」
という草津漁港速報が入電したので、サビキ釣りに変更しました。

 商工センターのかめや釣具でM社長と合流し、16時頃から展開。周りを見ても小イワシは来ておらずまったりムード。17時を過ぎたあたりで周りで上がり始めたので集中して竿を動かしていると来ました、ぷるぷる感。
 雨上がりで水が濁っているせいで魚群は目視できませんが、ドカンと群れが来ている時はサビキカゴにアミエビが無くてもヒットします。
 爆釣ではありませんが、周期的に群れが回っているようで断続的に小イワシが掛かります。
 棚を探るときは、底からではなく表からカゴをゆっくり降ろしながらが良いようです。

 M氏情報は確かなようで、隣の釣り人が
 「昨日は50くらい釣ったけど、今日はこれだけで半端だからあげるよ」
 と、10匹の小イワシをくれました。聞くと、昨日は沖が時化ていて風が吹き寄せてきていたから大群が港の中まで入ってきたんだそうで。

 19時半頃、雨が降ってきたので納竿。

 釣果は、私が小イワシ15匹と小アジ1匹。M社長が小イワシ9匹とメバル1匹。
 頂き物の半分とメバルをもらって帰ったのが下の写真です。

 さばいてみると、卵を抱えているものが多かったです。

【小イワシ 09.06.04】
小イワシ

【ナチュラム通販】

2009年5月25日

草津漁港で釣る! part.7

 雨上がりの空を西から東にものすごい勢いで飛んでいく雲を眺めていたら、釣りに行きたくなって一人で草津漁港に行ってきました。

 エサ巻きテーラ仕掛けと投げサビキ仕掛けの2本を出して、19時から3時間粘ってみるもボウズ。周りはイカ釣りばかりでしたがあまり上がっていないようでした。

 翌朝5時。釣り部のM氏と草津漁港へ。先客はイカ釣り多し。
 私はエサ巻きテーラー1本にキビナゴ。M氏は投げサビキにアミエビ。

 開幕はアクシデント。竿のガイドに道糸を通していると竿先が突然ポッキリ折れてガイドがバラバラと落ちます。年代物を譲り受けて使っていたので寿命だと諦めるも、出だしの痛いタイムロス。

 次に、M氏の新品の電気ウキがラインから外れて流出。
 「今日は網持ってきてないよ!」
 あれよあれよと流れて行ってしまいますが、潮の流れが岸壁寄りの方向なので水くみバケツですくい上げることができるのではないか、と思いました。

 午前7時半納竿。釣果は私がスルメイカ2杯、M氏が小イワシ1匹ハゼ2匹でした。
 周りもあまり上がっていない中でのイカ2杯は満足でした。

 M氏のおニューの電気ウキは、隣の隣の釣り人がテーラーの針に引っかけて引き揚げてくれました。良かったですね。

 写真を撮る前に冷凍してしまったので、スルメイカの写真は後日。

【メバルの唐揚げ 09.05.24】
メバルの唐揚げ

【ナチュラム通販】

2009年4月26日

草津漁港で釣る! part.6 イカ

 前回ボウズの帰りに、エサ巻きテーラ仕掛けを買って浮き足立ったので一人で草津漁港に行ってきました。

 午前中が雨模様だったせいか、18時頃の岸壁には人影がまばらです。
 投げ竿に、ケミホタルもどき38mmをセットした3号ウキ、25mmのケミホタルもどきをセットし小イワシを針金で巻いたエサ巻きテーラ。今日はこの1本だけで勝負です。小イワシはスーパーで250g200円のものです。

 日が落ち桟橋のライトが点灯してしばらくたった頃…。ウキが垂直にスッスッと、波と同期しない感じで沈み込みました。「これがアタリなのかなあ」と巻いてみるとイカが引っかかっていました。初めてのイカ!

 この仕掛けで気がついたこと3点。
 テーラに小イワシをセットするときに針金が緩いとイワシが抜け落ちてしまうし、強いと身が切れてしまいます。これは慣れてくれば問題ないとは思います。
 何回か投げ直しているとつつかれてしまうのか、エサの身がボロボロになってきます。このままでは釣れないようです。取り替えた直後に2杯目が掛かりました。
 エギもテーラも針に返しが付いていないので、一定のテンションで巻き揚げないとバレます。暗かったので確かではないですが、1回水面付近でバレたような気がします。

 20時を回ると風が強くなってきたので、撤収しました。
 持ち帰ったイカについて調べたところ、エンペラ(耳)の形から判断してスルメイカという結論に達しました。

 久々の釣果で浮かれモードです。暖かくなるこれからは、イカの夜釣りですよ!

スルメイカ 09.04.25】
スルメイカ

【ナチュラム通販】

2009年4月22日

草津漁港で釣る! part.5 ボウズ

 4月18日、草津漁港でイカが釣れている!というM氏情報に釣られて行ってきました。
 なるほど、現場ではイカ釣り仕掛けの釣り客ばかり。取りあえず習性で投げ竿を2本とサビキ竿を1本用意して、さらにエギ竿まで出します。我ながらもう少しコンパクトな釣行を心がけようと思いました。

 しかし10時頃から15時頃まで粘ってみてもボウズでした。周りでは時々イカが釣れていましたが…。
 帰りに釣具屋に寄り、新たなイカ仕掛けを購入してリベンジを誓う一行なのでした。

 ちなみに、ダイソーのケミホタルもどきが激安です。

ケミホタルもどき 09.04.22】
ケミカルライト

2009年2月23日

草津漁港で釣る! part.4 イダ

 風が無く、かつ、気が向いたら行こうとM氏と約束した上で出かけました。草津漁港西岸。

 15時半ごろ現地に到着するとあいにくの強風。とりあえず投げ2本とサビキを1本出します。
 エサは、投げが自家製塩漬青虫とサンマ切り身、サビキがアミエビ。
 日中は暖かかったものの、日が傾くと風と相まってここ数回で一番の冷え込みになりました。

 私が用を足しに離れていると、M氏のサビキにイダ(ウグイ)が!
 誰かが現場を離れていると釣れるセオリー。このイダは今回、持ち帰って調理を試みることになりました。

 その後は全く音沙汰が無く、寒さに耐えきれなくなり19時前に早めの納竿を提案。

 今回はエサをけちって生きた青虫ではなく、前々回と前回に余った青虫を小タッパーに塩漬けにしたものを使いました。これの臭気が強烈でたまりません。強度的には、漬ける時点でちぎれそうな箇所があるもの以外は十分にありました。生き餌の海中での動きで誘うか、塩漬けの臭気で誘うか?
 この検証はまた魚がよく釣れる季節にしようと思います。魚種にもよるのかな。

 岸壁のサビキは、回遊がなければ絶望的な釣りのような気がします。M氏は今回、新兵器の「投げサビキ仕掛け」を放り投げていましたがダメでした。サビキ仕掛けを投げるのです。

 次回、さらなる新兵器投入でこの膠着状況を打破!できるや否や。

【イダ(ウグイ) 09.02.21(M氏提供)】
イダ(ウグイ)

【ナチュラム通販】