2011年7月17日

草津漁港で釣る! part.17

 雑魚釣りに回帰するということで、さっそく草津漁港でサビキ釣りをしました。

 タックルはいつものコンパクトロッドにウキ無し4号サビキ仕掛け、下カゴ。エサは冷凍アミエビのレンガに米ぬかのミックス。
 潮は大潮。干潮から約1時間後に当たる17時半頃に竿を出しました。

 岸壁から1~2m沖に短い間隔でカゴを降ろしてまずエサを撒きます。期待ともどかしさが混じる時間帯を過ぎたところでヒット!小アジです。草津漁港でアジが釣れることはあまりないので少し嬉しい。その後メバルが1匹。

 ここで先客のファミリーがスッテでイカを釣り上げます。シリヤケイカ。
 「弁当に入ってた焼き塩サバで釣れた!」
 とのこと。なんでー。

 既にイカを諦めた私はこれに動じることなくサビキ釣りを続けます。なぜなら、シリヤケイカが揚がったのとほぼ同時に自分の竿にアタリが来ていたからです。
 「あ。アジじゃないや、コノシロ。」
 この後は日没までスーパーコノシロタイムでした。
 4号針では小さいのかバレやすく、3,4匹は落としてしまいましたが。

 イカファミリーもエサ無しでのサビキで数匹コノシロを釣り上げます。
 新手の小学生2人組がサビキ仕掛けを持って近寄って来たものの、なぜか釣れていません。
 「沖じゃなくて手前におるよ」
 「棚は底じゃなくて中くらいのとこ」
 「カゴは静かにゆっくり沈めないといけん」
 などと様子を見ながらごちゃごちゃ偉そうに言ってやりました。釣り場では釣れている者が王様です。というか私が釣っているすぐ横で
 「釣れんけえ帰ろ」
 などと言い出しているのを聞いてかわいそうになっただけで。
 日没の頃までには2人とも数匹をバラしながらもなんとか数匹を釣り上げて帰っていきました。

 バラすたびにお互いに苦笑いし
 「また落ちた。悔しい。今のもさっきのと同じやつじゃないんか。逃げるのが上手いヤツなんだろうな」
 とつぶやくのを聞いて、本気とも冗談ともつかない釣り人の常套句の普遍性に少し感心した次第です。

 雑魚サビキ回帰の初弾が良い感じだったので、しばらく続けてみようと思います。
 投げのキス釣りもシーズンインなので心惹かれますが…。

【コノシロ、アジ、メバル】
110716_001.jpg

【ナチュラム通販】

2010年11月17日

胴突き仕掛けでメバル狙い

 メバルを手軽に釣りたいと思い、先日行ってきました。

 アミエビでサビけば簡単ですが、レンガを解かすのと入れ物を洗うのが面倒なので今回はやめ、胴突き仕掛けにエサを付けて探る方法を採りました。
 また、エサは青虫や生きているモエビなどが一般的に釣りやすいのですが、余ってしまうと保存に困るので冷凍オキアミ(生イキくん)を選択。

 タックルはコンパクトロッド2.1mに道糸3号、メバル用胴突き仕掛け8号(3本針)にナス型オモリ5号。

 草津漁港の岸壁に朝7時。干潮から上げ潮。岸壁の直下を狙います。1投目でシロギスが釣れ、その直後に極小サイズのヒイラギが3匹。これ以降全く釣れなくなりました。
 10時過ぎ、しびれを切らし中工場緑地へ移動。ここでようやく10cmくらいのメバルが1匹。そのまま昼過ぎに納竿です。

 かなり欲求不満なので、次回はきちんとアミエビでサビいてみようと思います。今回は写真無し。

【ナチュラム通販】

2010年4月3日

草津漁港で釣る! part.16

 カレイのことはしばし忘れて、草津漁港に釣りに行きました。

 15時半頃、一等地であろう南西の波止の先端が空いていたので竿を出します。
 コンパクトロッドサビキ仕掛け4号とエサはアミエビレンガに新兵器の米ぬか。
 アミエビと米ぬかの良い感じの混合比が分からなく、何となく4:3くらいで海水を足しながら混ぜてみました。

 ウミタナゴ1匹とメバル10匹を釣って17時半に納竿。かなり小さいけど、2桁釣れたので満足です。

【ウミタナゴとメバル 2010.04.03】
ウミタナゴとメバル

【ナチュラム通販】

2010年1月22日

草津漁港で釣る! part.15

 今年の釣り初めは、草津漁港で行いました。

 手元にワームがあったのでこれと胴突き仕掛けメバルを釣ってみようと思いつき、現場に赴きました。
 本来、ワーム(ソフトルアー)はジグヘッド(オモリ付き針)と一緒に使ういわゆるルアー釣りの範疇のものです。ワームもメバリングも胴突き仕掛けも経験が無い私がやるにはあまりにも不安要素まみれで、案の定ボウズでした。干潮間際ということもあって周りもサッパリだったので、何が悪かったのかは良く分かりませんが。

 この数日後に再戦。胴突き仕掛けに青虫(青イソメ)。夕方の1時間、下げ潮でしたが竿を出してみました。仕掛けをポイッと投げると、今年初アタリが。針には掛からなかったものの、「今日はいける!」と思い手がかじかむ冷たい風をこらえていると、来ました。
 ハゼが今年の初ヒットでした。

【ハゼ 2010.01.21】
P1212383_001.jpg

【ナチュラム通販】

2009年12月1日

草津漁港で釣る! part.14

 前回の夜釣りが応えたので暖かい昼間に草津漁港へ。アングルの釣り情報では、宇品に小イワシがまだ来ているということだったので回遊に賭けます。

 一応、M社長に声を掛けて13時半頃に釣り始め。仕掛けはいつもの6号サビキにエサはアミエビ。
 小イワシの回遊をただ待っているだけではつまらないので、岸壁に張り付いている小さなメバルを狙ってみるものの食いが悪い。

 15時過ぎにM社長が現れて、例の投げ竿3.9mでサビキを始める。私の悪いクセが移ったのか水面をのぞき込みながら岸壁直下の魚影にカゴを落とそうとし、さらに長い竿さばきに慣れないせいか竿の中程を持ち竿先を水面に近づけて振っているので格好悪いことこの上ない。確かに食いが悪いから魚群近くに落とすしかないのだが…「重いかも知れないけど、竿を立てたら仕掛けは際に寄るよ」と言っては見るものの…。

 そして、この日は小イワシの回遊は無く日没。

 悪い手本に感染しないようにM社長にはオーソドックスな釣りのスタイルと、基礎知識を教えないといけないようです。どのようにすべきか…。

【チヌ(左上)、オコゼ(左下、ヒレ切除)、メバル 09.11.28】
PB282161_001.jpg

【ナチュラム通販】