« | »

2011年7月26日

株式会社LDH解散へ

 株式会社LDHは、かつてホリエモンが大株主だった純粋持株会社ですが例の事件以降、傘下の会社を切り売りしとうとう昨年度には子会社が0となりました。
 この間に大きな損賠請求訴訟は和解に至り(旧フジテレビに約310億円支払、ホリエモンから約210億円受取)、相変わらず資本剰余金は大きく、株主に対する数度の配当原資となりました。上場廃止日の終値で取得した人は既に投資資金を回収し、利益が出ている水準です。

 こんな感じで進んできたLDHの最終段階として、臨時株主総会の招集と会社解散の提案が大株主(モルガンスタンレーMUFG)からされました。 
 ホリエモンも向こうへ行ってしまったし、1つの事象が収束していくことに感慨を覚えます。

 ちなみに、配当金の口座振込を指定していない株主への残余財産の支払は、供託によるということなので興味のあるところです。

 

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメント





HTMLタグは使用できません。