« | »

2007年1月14日

祝・合格 その2

 今日は藤江(夫)が手がけていた知人向けPCをセットアップしにその知人宅へ行くついでに呼ばれたので酒を飲むために行ってきました。

 これは日本語じゃないな!

 藤江(夫)が知人宅のPCをセットアップしに行くついでに飲み会を開くらしく、呼ばれて酒を飲んできました。

 違う。

 知人が、藤江(夫)にPCのセットアップを頼むついでに藤江(妻)と私を呼んで新年会を開くというので、行ってきました。

 もう少し。

 私は酒を飲んできました。藤江(夫)がPCのセットアップをしに知人宅へ伺うついでに、知人が新年会を開くというので。

 なんだこれ。
 
 以前から、藤江(夫)との共通の知人が「うちのPC古すぎてどうにもならんのよ」と言っていたところ、藤江(夫)が「ちょうど知人から譲り受けたPCがあるのでこれを差し上げます」と応じたのである。そして年明けの今日そのPCのセットアップを知人宅で行うに当たって私も呼ばれ、何もせず酒ばかり飲んでいたのである。

 ふざけていたら本当に書けなくなってきたぞ。

 マイフレンドのフジエが、これまたマイフレンドのホームでコンピュータをセットアップしに行ったんだ。そのついでにhis wifeとmeもお呼ばれしたので、wine&pizza&porkをdrink&eat&enjoyしてきたぜ。

 欧米か!

 平成18年11月a日、広島市x区zzzに在住する藤江N(以下、「甲」という)と私(以下、「乙」という)との共通の知人(広島市y区在住。以下、「丙」という)の所有するPCの動作がインターネット利用その他の実用に耐え得る性能を下回っていて困っている旨を丙から甲に伝えたところ、甲はその所有するPC(甲の知人が甲に無償で譲り渡したもの。以下「物件イ」という)を丙に譲り渡すことによって問題を解決しようと図った。
 その後甲は丙のために物件イを自ら調整し、インターネットプロバイダの選定を行った。その結果、物件イは甲の満足するところの動作をするように調整され、丙とインターネットプロバイダとの契約も締結された。
 本日、甲は物件イの最終調整を行うために丙宅に出向いて作業するに至った。
 この際に甲の妻(以下、「丁」という)及び乙が丙宅に呼ばれ、丁はスパークリングワイン(以下、「物件ロ」という)を、乙はボジョレーのロゼ(以下、物件「ハ」という)を持参し、各々甲乙丙丁に提供した。また、丙は株式会社Sピザとの売買契約を締結しピザ2枚(以下、物件「ニ」という)を配達させ甲乙丁に提供すると共に、自ら調理した豚肉のスペアリブ(以下、物件「ホ」という)及び市販されているカットアーモンドと小魚(以下、物件「ヘ」という)を甲乙丁に提供するに至った。
 この結果甲乙丙丁は、丙宅にて物件ロハニホヘを飲食し、甲は物件イの調整を完了したのである。

 法廷か!

 もういいや。本題へ。

 来た年賀状を読み返していたら、名前間違えてるのが多いよ!参った。取引先も。
 「論」じゃない「諭」だっつーの。行政書士会の本会か支部か忘れたけど、封書の宛名が間違っていることがあって情けなくなったこともある。けど、ある研修会の受付で苗字だけ名乗ったところ、その場で名の方も書き記していたおばちゃんには感服した。(これが事務局のおばちゃんじゃなくて会員だったら自爆。書いたその名の方がよく見たら実は「論」だったとしたらチャラ。)

 という悩みをきっと共有しているであろう
 大学の同期の中川が司法書士試験に合格してやんの!
 ちょ…もっと早く言えよ。待っとれよ。あらん限りのお祝いを…!

 写真は、丙に横川の居酒屋で買ってもらったミニチュア焼酎。実は非売品。

さつま木挽 07.01.14】
P1140155_001.jpg

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメント





HTMLタグは使用できません。