« | »

2006年10月16日

道後温泉への道(その11)

 まだ書くのか?書くぞ!

 つづき。

 5時に起きて、もそもそと菓子パンを1つ食べ、だらだらと片づけを始める。6時前にはテントもすっかりたたまれ、のろのろと因島を走り始める。

 走り始めると左手に養鶏場が見え、においが漂ってくる。これを過ぎると若干の登り坂。これさえ乗り越えれば、因島はクリア。のんびり走って7時17分、生口島橋に。

 生口島橋を降りるとやがて旧瀬戸田町中心部へ。ここにあるサークルK瀬戸田店が、おそらく最後のコンビニだ。この間にもアクエリアスやらポカリスエットやらのイオンサプライ系のドリンクは補充しているが、ここでカレーパンと大手メーカーのたまごサラダパン(CM打ってたやつ。ランチパックだっけ。常温で数日持つようだけど案の定添加してある、あれが。好きな味だけどさ)を買う。四国までこれとカリカリめし(栄養補給系クッキー)とゼリーしか無いぞ。たぶん。

 8時35分多々羅大橋入口、9時9分出口。ここからとうとう愛媛県。大三島の平坦な海沿いを走り大三島橋を10時0分に出る。

 大三島橋を降りると次は伯方・大島大橋。その手前0.7kmにローソンがあった。ここが四国までの最終補給地点だと思う。

 10時40分。伯方・大島大橋を降りる。途中で「伯方の塩アイスクリーム」なんてのぼりをみかけて食べてみたかったけど営業時間前だった。残念。

 11時09分。大島北IC。ここから島嶼部では一番きつい登り坂になるが10分も自転車を押して歩けば峠のてっぺんに着く。ここは旧吉海町の境。

 ずーっと下ってらくらく進めば11時47分大島南IC。この辺りから、強い日差しが体力をどんどん削ってゆくのです…。

つづく。

【大三島橋の途中で振り返る 06.09.30】
P9300150_001.JPG

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメント





HTMLタグは使用できません。