Home > 2010年6月

2010年6月11日

3年ぶりの東京。 その2

 続き

 大森海岸で降りた私は、しながわ水族館へ徒歩で向かいます。

 東京に住んでいた頃は、いくらでも時間があったのに観光施設へ足を運ぶことなどほとんどありませんでした。そこで今回はお上りさん的に浮かれてみようと思ったわけで…。

 休日の水族館は一人で来るべきところではないと経験的に知っていたのですが、なんとか一回りしました。
 実は羽田の時点で既にお疲れモードだったので、大井町のホテルのチェックイン開始時刻に合わせて撤退しました。水族館のあるしながわ区民公園はレストランもあるしのんびり散歩もできるような典型的なデートスポットでありました。
 ただ、アシカのショーは観ましたよ。ええ。楽しんでるなこいつ。

 チェックイン後、天気も良くなかったので夕方までひっくり返ってしまおうかという気持ちを辛うじて抑えて、上野へ向かいました。

 上野のアメ横には2,3度行ったことがあるのですが、上野公園は未踏なのです。
 アメ横と言えば、通り過ぎて戻ってきたらもう値段が下がっている生鮮食料品店が印象深いです。そういう店で売られていた大トロの短冊を買って軽く火であぶってかぶりつきたいなあと、当時飲みながら話していたのを覚えています。ビールのCMの影響で生魚のあぶりが流行り始めた頃でしょう。せいぜい2000~3000円のものなんだから飲み代を回して実行すれば良かったのにね。未だやっていません。

 上野公園にある内、国立科学博物館ではなくあえて国立博物館に突入したところ、funnyではないinterestingな感じで私好みでした。でも今のところ一番面白かったのは網走の北方民族博物館です。その次がお台場の船の科学館
 文明が開化していない僻地広島には興味ある博物館がありません。あ、大和ミュージアムはまだ行ってみたことがありません。海事博物館として北海道の厚岸函館のものより良い感触があることを期待したいところ…。
 (江田島の海上自衛隊第1術科学校の教育参考館は泣けた)

 話が逸れましたが、しながわ水族館も国立博物館も写真を撮っていません。ネタの宝庫なのにバカバカ。手元にあるのは御茶ノ水・神保町周辺のものだけです。

 国立博物館には、高校の授業で日本史を選択した人にはおなじみの半迦思惟像(半迦菩薩像)が複数展示されています。これが一番でした。アルカイックスマイル

つづく。

【明治大学リバティータワー 2010.05.29】
明治大学リバティータワー
 

2010年6月9日

広島で痛車を見た!

 私はアニヲタ的嗜好がほとんどありませんが、どのような文化があるのかはある程度知っています。ただ、説明するには足りないので例によってWikipediaとGoogle先生を参照して下さい。

 ・痛車(Wikipedia)
 ・痛車(Google image)

 こんなものはコミケ会場や秋葉原くらいでしか見ることができないものだと思っていたのですが、意外にも当事務所から見ることができました。レアなものを見てちょっと嬉しかったです。

 慌ててデジカメを取り出し、走り去るまでに辛うじてゲットした1ショットが次の画像です。
 しかし、これは何のキャラクターなのでしょうか。

【痛車 2010.06.08】
痛車

2010年6月4日

ミナミヌマエビの自家繁殖始まる。

 その後、メダカは相変わらずです。稚魚は順調に成長して、一番大きなものは10mmくらいになっています。

 ミナミヌマエビは、以前抱卵していたメスが死にましたが、その稚エビは元気です。稀にメダカの口元から逃れようとしてピンピン跳ねていたり、外掛けフィルターに紛れ込んでいたりします。

 その1匹の死の日、別のメスが腹脚の間に黒い粒々を抱えてるのを発見しました。交尾し、産卵、抱卵に至ったようです。
 ミナミヌマエビはこれが初めての自家繁殖です。今いる稚エビは、ショップで既に抱卵していたものに由来しますから。
 
 ようやく水槽内の環境が安定してきたのだと思ってホッとしています。水温は摂氏25~26度。

【抱卵中のミナミヌマエビ 2010.06.03】
抱卵中のミナミヌマエビ

2010年6月3日

3年ぶりの東京。 その1

 しーらーくーもーなーびくーすぅーるぅーがーだーいーま(略)おーおーめいじー。その名ーぞ、吾等ーがぼーこーおー
 明治大学法学部法律学科同期の中川諭氏がこの度独立開業し、事務所(幡ヶ谷司法書士事務所)を設けたことを祝し会合を開きました。今回も、3年前に引き続き私が幹事として拙い仕事をさせて頂きました。

 私は会合前後のスケジュールを大きく開け、29日(土)午前の飛行機で広島空港から羽田に飛びます。

 飛行機は乗ってる時間が短い(1時間10分前後)ので楽なのですが、貨物扱い荷物の預け入れ手続と機内持ち込み手荷物の検査、と自分自身の検査が面倒です。
 チェックインについては、自動チェックイン機や2次元バーコードのおかげで出発15~20分前までに済ませば良いことになったのですが…。
 気を付けよう、ポケットの携帯電話(PHS)と、手荷物のペットボトル。久しぶりの飛行機でうっかりしてました。特にペットボトル。国内線でも予め手荷物から出して申告しないといけないようです。

 客室乗務員のおねえさんはにこにこ顔なのに、空港職員は基本鋭い視線と怖い顔なのは、これはフェチズムの需要分けでしょうか。違います。
 「ぴー」って鳴った途端に、ぼんやりしていた自分自身のうんざり顔が険しくなったのを感じたので、毎日何千人を通すおねえさん達もめんどくささと使命感の故なのでしょう。
 航空機テロとか思いついたヤツ、許さないからな。面倒くさくしやがって。

 …少々取り乱しました。

 羽田からはいつも景色が楽しいモノレールで浜松町まで行くのですが、今回は京急に乗りました。

 つづく

【明治大学校舎 アカデミーコモン 2010.05.29】
P5292899_001.jpg