« | »

2010年4月23日

駆動系パーツの交換をしたけど…。

 結論から申し上げると、クランクケース内の部品が原因ではございませんでした!

 うわー。マフラーかなあ。助けて。

 交換したのは3点。
 まず、ウェイトローラー。偏磨耗が見られたので交換は必要でした。
 次に、Vベルト。ノギスで測ったところ、幅が15.1mm以下でした。本来17mmなので交換は必要でした。

 これで試走。
 スタートダッシュは変わらずか、また少し重たくなったような気分。スロットル全開にしてすぐ足を上げると、スピードが出ないのでまた足を降ろさなければならないくらいです。トップスピードは変わらずか、誤差の範囲で速くなったような気分。

 そしてクラッチシュー。この磨耗具合が良く分からないのですが、取りあえず交換しました。

 2度目の試走も変わりません。
 結局、何ら改善されていないのです。(ただ、クラッチシューは接触面がなじむまで少し走らないといけないという話もあるようです。)

 ここまで来たら引き下がれないので、マフラーの交換に手を着けることにします。
 既に注文してあるのでパーツが届き次第、またレポートします。

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメント





HTMLタグは使用できません。