« | »

2007年2月23日

2007大山ツアー その4

 このblogのポリシーとして、「本文がつまんねーYo!!」と言われてもいいように写真を必ず添付しているのですが、このネタが慢性的に不足しています。
 立ち回り先では写真を撮ったら怒られそうだし(役所・銀行・病院)、飲み会で人の顔を撮っても載せられないし、食べ物をマクロ撮影すると手ぶれで見られません。

 独り言おわり。つづき。

 時折小雨の降る中、本隊はスキー場へ向かい我が隊は境港へ向かいます。
 「で、水木しげるロードって境港市のどの辺にあるの」
 「わかんない」
 「!!」
 文明の利器で調べ、さらにTSUTAYAで付近の温泉情報を仕入れ、北へ向かいます。水木しげるロードは境港駅前から東に向かって延びていました。わかりやすい。
 通りの両側に数mの間隔で妖怪の銅像が並んでいる様子はテレビで見たことがあるもので、「ゲゲゲの鬼太郎」のメインキャラクターもあれば全然知らないようなものもまぜこぜで並んでいます。

 だらだらと眺めながら歩いていると妖怪ではない銅像が一つ。妖怪に惑わされる一般人としてよく見かける人物。サラリーマン山田と名前が付いています。(写真はその3参照)
 100体以上ある像のうち、これだけはカメラに収めました。もっと打算的に人気キャラの1枚でも撮っておけばいいのに。

 水木しげるロードは単に銅像が並んでいるだけではなく、商いとして記念品を売っていたり、記念品を売っていたり、水木しげるにまつわる資料っぽいのを展示しつつ記念品を売っていたり、記念館があったりします(有料)。
 売られているのはアクセサリーやお菓子です。

 その中にパン屋さんがあって、ゲゲゲの鬼太郎キャラクターを模したパンを売っているというので入ってみました。ウソです。ぼんやり商品を眺めていたりしていたらはぐれてしまって(?)、ケータイに電話したらそこでお茶してると言うのでそこで合流しただけです。
 二日酔いも治って小腹が空き気味だったので、一反木綿を模したクロワッサンみたいなパイ生地っぽい三角形のパンをぼろぼろとこぼしながら食べて出ます。案の定写真撮ってねえぇぇ。

 つづく。

 写真は、カレイ・イカ・鯛の3点盛り。超うまい。

【刺身盛り合わせ。 07.02.10】
P2100228_001.jpg

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメント





HTMLタグは使用できません。