中工場緑地(広島市環境局中工場)は岸壁に柵が付いていて安全なので子供と行くのですが、その世話と釣りの両立は難しく、より釣果の望める草津漁港へ単独釣行したいなあと思っている今日この頃。

 今年の春の記録を少々。

 仕掛けはコンパクトロッド2本に道糸3号、ピンクスキンサビキ仕掛け5号に下カゴ。エサはアミエビレンガ。

 周辺にサビキ仕掛けの人はほとんど居ません。チヌ狙いの人は分かるけど、投げの人は何を狙っているんだろうか。私の仕掛けは直下にいるメバルと周遊小魚の狙いです。これが釣れません。

 ある時、引っ掛けた海草に絡まっていたのがタツノオトシゴ。こんな所にいるのかと驚きましたが、調べてみると日本各地の沿岸にいるんですね。身近には居ないものと思っていました。

 釣った魚は食べるというのが信条の私ですが、これが食べられるとは思わずにリリースしてしまいました。痛恨のミス。二度と手にする機会は無いように思います…。

【2022.5.1 タツノオトシゴ】

【2022.3.21 メバル】

【ナチュラム通販】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA