Home > 2011年

2011年11月14日

なめろうを求めて

 なめろうを作ってみたいのです。
 青魚が釣れたときには特にそう思うのですが、鱗や頭や腸を落とした時点で疲れちゃって「もういいや」となってしまいます。冷凍庫に突っ込んでおしまい。そして在庫が増えてきたときにやる小魚唐揚げ大会で消費してしまいます。

 ウダウダ言わずに勝手に作ればいいじゃんという話なのですが、要はなめろうの研究を口実にして飲みに行っただけのことです。
 広島ではメジャーな酒肴ではないので、なめろうをメニューに置いている店は多くありません。

 1軒目はぐるなびの検索にかかった店。なぜかメニューになめろうがないので注文取りに訊いてみると「ないです」とのこと。これでは来た意味がないので、カウンターの中の人に再度尋ねてみると「できます」。
 出てきたのは、みそ味のアジのたたき。これはこれでおいしいが…。
 薬味はネギ、シソ、ゴマ。シソが良いアクセントだった。

【なめろう 1軒目】
PB123676_001.jpg

 2軒目は鮮魚を扱っていそうな居酒屋に飛び込み。活きアジのお造りがメニューにあったので、なめろうにしてもらえるかどうか訊いてみたところ、OK。
 出てきたのは、アジのたたきに味噌が載ったもの。1軒目より切り方は細かいが、味噌が多すぎて塩辛い…。酒などで味噌をのばしていないようだ。薬味はネギのみ。

【なめろう 2軒目】
PB123680_001.jpg

 いずれも正直がっかりした。
 なめろうは、細かく身を叩いて作らなければならないので手間がかかる。だから居酒屋などでは出しにくいのだろうし、そもそも広島ではなめろうに馴染みがない。仕方がないのだろう。
 しかし逆に、自分がなめろうらしいなめろうを作る自信につながったので良しとしよう…。

2011年11月10日

株式会社LDH 清算開始

 株式会社LDH(ホリエモンのアレ)の解散決議案が通り、着々と事が進んでいるようです。

 

2011年11月6日

草津漁港で釣る! part.20

 この時期、例年だとハゼ釣りに勤しんでいるのですがどうも気乗りしないので、得意の雑魚サビキ釣りに行ってきました。

 雨上がりの草津漁港。潮は上げ潮。昼過ぎまで天気が悪かったのに釣り客が結構います。

 今日のタックルは、コンパクトロッドに道糸3号、白スキンのサビキ仕掛け4号に下カゴ。エサはアミエビと米ぬかのミックス。いつも通りです。

 アミエビを解かしながら周りを眺めてみるとサビキ仕掛けの人が多め。コノシロや小さなヒイラギがぽつりぽつりと来ているようです。

 私もヒイラギからスタート。13cmのメバルという嬉しい獲物や小アジを交えながら過ごしていると、夕方に来ました。スーパー小イワシタイム!目の前を通過する魚群に向けて、空のままのカゴを放り投げると入れ食い。引き揚げて針から外す時間ももどかしく、再びカゴを海中に。
 周囲もにわかに慌ただしく、網ですくう人も。
 そしてスーパー小イワシタイムの継続中に日没タイムアウト。撤収。

 もっと釣りたい捕まえたいと思っていたものの、帰ってきて向かい合うのは大量の小魚。これらの頭と腸を取り除く作業にうんざり…。保存や加工に良い知恵はないものでしょうか…。

【小イワシ(左)、メバル(右上)、アジ、ヒイラギ(右下)2011.11.06】

【ナチュラム通販】

2011年11月2日

最近知ったこと

 原付のヘッドランプのバルブって、2つのフィラメントがあってハイビームとロービームを切り替えるんですね。物理的に何かしらの角度が変わるのかと思っていました。

 ロービームが点灯しないことに気付き、こりゃ困ったなと普段使わないハイビームに切り替えてみたら点灯するので、原因が理解できずに「また面倒なことになった…」と重い気持ちになりました。

 純正パーツカタログの電装品組立図のあたりを眺めても釈然とせず、ヘッドランプのレンズ(カバー)を外して実際にバルブを見て納得しました。

 2りんかんで互換品を買ってきて自分で交換。500円弱。

【原付のヘッドランプバルブ】
PB023662_001.jpg

2011年10月8日

太田川放水路でサバを釣るの巻

 夕方、太田川放水路へ。狙いはハゼ。潮は上げ潮。
 タックルはコンパクトロッドに道糸3号。ジェット天秤10号に2本針キスカレイ仕掛け7号。エサは冷凍生甘エビ。

 先客はファミリー1組。青虫(青イソメ)かゴカイでシロギスをぽんぽん釣り上げています。 
 私はボウズに王手です。
 まず、竿が短くて遠投できないこと。そしてエサの冷凍生甘エビ(ハサミでカットする)の最大の欠点として、身がちぎれやすいこと。これらが影響しているのでしょう。
 冷凍生甘エビは、青虫などの生き餌を買いに行くのが面倒なこととコスト面から考えて数年前から採用していたのですが、最近は身ちぎれのリスクを重視してハゼ釣りへの適用除外を考えています。そもそもスーパーで売ってる甘エビを塩で締めたりせずに冷凍しただけのものなので、期待すべきものではないのです…。

 このようなことを考えながら水面を眺めているうちにファミリーも帰り、日も傾いてきました。
 納竿しようと、ジェット天秤を浮かせながらリールを手早く巻いていると、残り数mのところでヒット!
 水深数十cmの浅瀬で横走りしているのはなんとサバでした。スレかかったのかと思いきやきちんと口に針がかかっています。
 思いがけないボウズ逃れで気分よく納竿。

 ちなみにこのサバをさばいていたら、腹から3cmくらいのキビナゴが数匹出てきました。小魚を追ってこんなところまで来たんでしょうかね。

【サバ 2011.11.08】
PA083654_001.jpg

【ナチュラム通販】