Home > 2008年

2008年12月11日

初めての船舶免許更新の巻。前編

 小型船舶操縦士免許を(新)2級から(新)1級に書き換えてからもうすぐ5年が経とうとしています。免許の有効期間は5年間で、自動車やバイクと違って誕生日は無関係です。更新そのものも、期限到来の1年前から可能で、1年前に更新しようが3日前に更新しようが、有効期限から新たに5年間の期間がプラスされるという仕組みです。

※平成15年6月1日前の小型免許区分は1~5級+αでした。これ以後は1,2級(5t未満,5t以上)+特殊+αに再編されました。さらに平成16年11月1日から、1,2級の5t限定制度が廃止されて、5t限定免許者も原則20t未満の小型船舶を操縦できることになりました。私は平成15年11月に2級(5t限定)を取得し、同年12月に1級(5t限定)を取得しました。私の免許は現行法では単なる1級なので、航海区域無制限(無制限と言っても、沿海区域の外側80海里未満の水域以遠を航行する場合は、(大型)6級海技士(機関)以上の資格者を同乗させないといけません。2級は沿岸5海里平水区域等を除く)まで。)で原則20t未満の小型船舶を操縦することができます。

 更新するためにいきなり運輸局へ行ってもダメで、指定講習機関の講習を受けなければなりません。広島近辺の指定講習機関はJEIS尾道海技中国海技の3つ。更新講習料金は横並びなので好きなところへどうぞ。私は、二級免許の取得のときに利用した元宇品の中国海技に行くことにしました。

 講習開始時刻の30分ほど前に到着。書類2枚は予め中国海技から郵便で来た更新案内にあったので、予め記入しておいたのを受付に渡して証明写真自販機で写真を撮ります。この辺の手順は適当で。用紙も窓口にあるようだし写真は持ち込みでも現場でもどうでもいいっぽいです。
 ただ一つ、運輸局への免許更新申請については次の方法があるので注意しましょう。

・1-1 免許証を預けて講習機関と海事代理士に委任し、受け取りは講習機関まで出向く。…2,150円の海事代理士報酬が発生。受け取りは講習の12日後から。
・1-2 免許証を預けて講習機関と海事代理士に委任し、受け取りは郵便。…2,150円の海事代理士報酬と300円の郵送料が発生。受け取りは講習の約2週間後。
・2 受講後、講習証明書と身体検査証明書を受け取り、自分で運輸局で申請する。…運輸局の窓口で即時発行。

 私としては、帰る途中に中国運輸局があるのでもちろん「2」を選択。「申請は自分でやるんだー!」と受付できちんと伝えておきましょう。今回、自己申請は私だけだったようです。

つづく。

【広島合同庁舎4号館食堂 Aランチ 08.12.10】
K3300004_003.jpg

2008年12月4日

農園のこと。

 釣りブーム到来!と言いつつ、冬に突入という感じで寒くなり旬のカレイ釣りもなかなか腰が上がらない状況です。音戸漁港にロストした面白仕掛けの回収に行きたいんだけどな。
 以前から検討している「趣味農業で小遣い稼ぎ」のプランも、良い売却物件が見つからず棚上げ状態です。

 農林漁業双方の閉塞感があります。

 農業と言えばこの人M氏の、契約期限切れ間近の賃借農園に植わっているイチジクが豊作だと聞きました。イチジクは保存が利く果物ではないのでジャムに加工しているそうです。
 私はジャムの需要が全くと言っていいほど無いので、M氏による多量のジャム在庫放出の申し出に対して「甘さ控えめで小瓶」というわがままを注文し、受け取りました。もらったものを余らせて捨ててしまうのに抵抗を感じるもので。

 そのイチジクジャムをしばらく冷蔵庫で放置していたのですが、豆板醤の瓶の隣に豆板醤に似た色の豆板醤ではない瓶があったので、「そうだそうだ」と食パンを買ってきて食べました。
 味はイチジク味?と言うかいちごジャム。たぶん。いちごジャムをもう10年くらい味わっていない気もするけども。食感がいちごの種のつぶつぶとイチジクの種のつぶつぶがほぼ同じに感じる。甘味も強くなく、たっぷり塗っても大丈夫。カビが生える前に食べきりました。
 左党もたまには甘いパンもいいよね。という話。

【イチジクジャムトースト 08.10.31】
PA311423_001.jpg

2008年11月18日

音戸漁港でアジを釣るの巻。

 先日の船釣りの後に約束していた「釣り部」のM氏と一緒に、音戸漁港へ行きました。初めは小屋浦、呉ポートピア辺りという話だったのですが、音戸漁港でアジ100匹という情報を得て変更したのです。

 途中にある坂町の「ポイント」でアミエビと面白漁具「魚キラー」を買って、音戸漁港に到着すると小雨でした。魚キラーについては不運にも漁港の底にロストしてしまったので、またいずれその正体のレポートをすることになると思います。
 ちなみにいまレシートを見ると無水アミエビ真空パック8切り315円 16切り263円となっています。おそらく16切り(レンガ大)は8切りの半分の量なので、割と「しまった感」があります。値札をよく見よう…。

 満潮から1時間ほど過ぎた頃、浮き桟橋から竿を出すも全く当たりがありません。仕掛けはサビキで、下カゴ。
 暗くなってから港の灯りの下に来るという話をもらったので、諦めて夕方までダラダラすることにしました。
 釣り場探索として島を半周してみましたが、特にこれと言った場所は見つかりませんでした。

 やがて日が落ちてくると桟橋の周りに魚影が。仕掛けを降ろすとポツポツとかかってきます。本格的に暗くなってくると、常夜灯周辺で魚群が周回しているのがはっきりと分かります。この頃になると入れ食いです。
 19時過ぎにエサも無くなったので納竿。2人で約50匹のアジを山分けにしました。他にはサバ、タイの子、メバルっぽいのが掛かりました。

 1度にこれだけの釣果を得たのは初めてだったので、とても満足感がありました。サビキ釣り良いですね。

【釣果 08.11.08】
PB081442_001.jpg

【ナチュラム通販】

2008年11月10日

太田川放水路でハゼを釣るの巻。

 先日の船釣りは船頭の仕事で手一杯になり、私自身はボウズでした。悔しくてその次の週末、11月1日に太田川放水路(山手橋上流東岸)でハゼ釣りをすることにしました。
 がっ、持って帰ったハゼは2匹だけ。あとはゴリとチヌの子でした。川岸からは、チヌの子が10匹くらいで群れをなしているのや、40cmくらいのボラが泰然自若にうろうろしているのが見えました。
 周りも釣れていない様だったので仕方ないかな。

 エサは青虫300円分。仕掛けは投げ天秤と、ハゼ用仕掛け。

【ゴリ、チヌ(クロダイ)の子供、ハゼ 08.11.01】
PB011433_002.jpg

【ナチュラム通販】

2008年11月4日

初めての船釣りの巻。後編

 続き。

 15時半過ぎ、エサもなくなったので竿を納めました。
 帰港がてら、同乗者に交代で操縦をさせながら広島湾を北上します。港則法で規定される港内や海上交通安全法で規定される航路内を航行するときを除いて、免許保有者の指示のもとで非免許者に操縦させることができるのです。

 ここで一つ不安が。着岸の操船について私の勘が鈍っていることです。マリーナの桟橋で何度も着岸をやり直して恥をかくことはまだしも、いつまで経っても着岸できなかったらどうしよう。
 船にはブレーキが無いですし、舵も微速時にはあまり利きません。
 「包が浦に閉鎖された桟橋がある」
 ことを思い出し、寄り道して着岸練習をすることにしました。大奈佐美島西方の時点で既に、返却期限まで1時間を切っていたので迷いましたが、結局西に進路を向けました。
 やがて包ヶ浦桟橋を左手に見て、着岸の態勢に入るも角度が深すぎて失敗。
 「うわああー、ぶつかる!」
 後進をかけたあと、別角度から進入し直してなんとか着岸。しかし偶然にできてしまった感は拭えず、不安なままです。

 残り時間がもう45分を切っているので、大急ぎで桟橋に下りてしまった人を呼び集め再出航です。ここでガス欠。あって良かった予備タンク。
 フルスロットルで坂沖まで戻り、マリーナ前で回転数1000に。桟橋南側から微速で岸ぎりぎりまで近付き、120度ターンで機関停止。なんとか一発で着岸できました。この日最高の喜び。

 このような感じで何とか無事に戻ってきた一行なのですが、釣果と言えばご覧の通りまとめて12匹だけです。しかも小物。もちろん船頭の責任なんですけどね。ポータブル魚探買って下さい誰か。

 それと問題がトイレ。不安定な船首からする猛者もあれば、船尾で体を押さえてやっていても難しい人などそれぞれでした。しかし、したいのに出ないとかいう声は未知の世界でした。私は船尾から一人でできるもん的な感じです。女の人は…どうするんだろうか。

 また、ボートレンタルでの費用的な不確定要素としてあるガソリン代ですが、今回は37Lで単価195円でした。高い。自前のガソリンを携行缶で持って行って注いじゃうのはどうだろう。

 初めてのボートレンタル、航海、船釣りで色々な経験を得ました。また、暖かい季節に今回以上の良い結果が出せるよう船を出したいです。

【釣果 08.10.26】
PA261420_001.jpg

【ナチュラム通販】