2017年3月16日

石垣島での釣りとアイゴの毒の話。

 先日、石垣島へ7泊の旅行をしたので、この際の魚釣り事情を記します。

 簡単な事前の情報収集ではあまり有力な情報に接しなかったのと、荷物を最小限に抑えたいという点を考慮し持ち込んだタックルの内、実際に使用したものは次の通りです。
 ・愛用の安竿2本。2m未満の船竿に3号糸の1000番リール。
 ・ジェット天秤10号
 ・棒浮
 ・五目投げ仕掛け2本針8号
 ・ピンクスキンサビキ仕掛け6号
 ・ナス型オモリ5号
 ・疑似イソメ
 ・反転バケツ

 場所はいずれもフサキリゾートヴィレッジ内のビーチにある桟橋です。これは船が着く浮き桟橋ではなく、眺望用の固定桟橋です。釣り場としてホテルが貸し竿とともに推薦しているので問題はありませんが、日没前後には夕陽を求める人が多く集まり、竿を出すのは危険です。

 まず威力偵察。午後、下げ潮の干潮近く。桟橋直下は水深1m未満。
 1本目は沖にちょい投げ。ジェット天秤に投げ仕掛けと疑似イソメ。
 2本目はサビキ仕掛けにナス型オモリ。直下の小魚を狙う。
 が、全くアタリも寄る気配もなし。

 次に、酔った勢いで深夜。満潮近くのはず。
 サビキ仕掛け。直下にアタリなし、肌寒くすぐに退散。

 この後、川平湾のグラスボートやフサキリゾートのクリアカヤックで珊瑚礁の様子を観察することができ、次のように感じました。濁度は低く地形は遠浅。砂地で水草はごく少ない。わずかな藻場にも魚はほとんどいない。珊瑚の塊に集まっていると思いきやポイントは限られている。
 「これは見えている魚を釣るしかない。」

 そして、辛うじて重度の二日酔いを避けた体に意地で鞭を打って、「見えている魚」に向けてサビキ&疑似イソメを仕掛けるも「見えている魚は釣れない」のセオリー通り。ぐったり加減でいると、同じ桟橋で竿を出していた人が帰りがけに魚肉ソーセージをくれました。残り3分の1くらいの。
 できたらサンドイッチかおにぎりのほうがいいんですけど、ではなくて、釣り人同士のアレ「帰るんで、残ったエサどうぞ」でした。

 もう、ここから爆釣。魚肉ソーセージを小さくちぎったのをサビキ針に掛けて魚が群れている直下に落とせば、あっという間です。エサを取られるか、ヒット。この分かれ目は10秒以内というレベル。
 そうかー乾き物のおつまみではダメだったんですね。目から鱗。

 エサをくれた人はカップルで小魚少々を持ち帰ったようですが、慣れない人に遊ばせていたのか、仕掛けが合わなかったのかは分かりませんでした。

 桟橋直下には、金魚くらいのと、小アジくらいのと、サバくらいのがそれぞれ群れていましたが、私の仕掛けで釣れるのは小アジくらいの魚でした。釣り人のセオリー通り、ここでも何人かに声を掛けられるのですが、魚の名前が分かりません。バケツにいるのはおそらくアイゴの類だと返事をするのですが、根拠は居酒屋で見た魚の写真です。

 10匹以上は釣った頃に老母と娘らしき人がやって来て、一人でも釣りは楽しいんでしょうね、癖になるんでしょう、きのう見た映画もちょうど釣りの話でしたよ。と言うので、釣りバカ日誌かな?と適当に受け答えをしていたら、暴れる魚から針を外す際に背びれが左手の平に刺さりました。これは日常茶飯事なのですが、名も知れぬ魚、しかもものすごく痛い。見知らぬ地の毒魚の存在は警戒していたのに油断。痛みの強さからただ刺さっただけではないことがすぐに分かったので、二人連れから見えないように傷口から血を絞り出しながら、気もそぞろにますます適当な受け答えをしばらくしていると、潮時かこちらの事情を察したのか知らねど去って行かれた。

 少しばかり残った魚肉ソーセージを我ながら律儀に魚への礼として小さくちぎって撒き、急いで片付けてビーチにある水道で気休めに既に血が止まった手を洗いバケツの濁った水を捨てていると、1匹転げ落ちて砂まみれで跳ね回ったので「もう観念してくれ」と思いながら数度手を出し引っ込めつかもうとすると、今度は右手人差し指をチクり。持っているんですよ、タックルケースに。はさみ。トング。明らかに避けられた事故です。

 「強毒で片腕壊死ならまだしも、両腕では最悪死ぬかも。」
と、一人で大げさに不安度が上昇しているところへ丁度妻子がやってきたので「死ぬかも」を薄めて伝えた上で、同定を期待して、釣った魚を調理してくれるという敷地内の予約済みのレストランに電話。「どう調理するか担当に訊くので持ってきて下さい」と言われたので、何事もない風にバケツをぶら下げ「すみません、魚の名前を教えてくれませんか。刺されてしまったので。」と託すと、「アイゴだと思いますが大丈夫だと思います。島の者が言っていたので。」
 なるほど。やはりアイゴ。あの稚魚のくせにやたらトゲが立っているスクガラスのヤツだ。旨いんだけど。しかしあいつ毒を持っていたのか。

 妻がアイゴの毒について調べてくれて、「熱で分解する類の毒なので熱い湯に漬けると痛みが和らぐ」「死ぬこたーない」という情報を得た。既に左手は何ともなくなっていたが、右手人差し指に43度設定の湯を掛けていると数分で痛みが引いた。大きい魚だとパンパンに腫れて数日痛むなど重症化することもあるらしいが、幸い小魚だった。

 夕方、桟橋で竿を出している人がいたのでチラリと見ると、ルアーやキビナゴを使い、イラブチャーのような魚を1匹キープしているのが見えた。なるほど。

 和食レストランでの夕飯には仇どもが唐揚げで登場。頭から食べるとそこそこ旨いのだが一番身のあるあたりの骨が鋭く、ばりばり食べられないほどに硬い。アイゴの特性なのか、さばき方、揚げ方の問題なのか分からないが、とにかく釣り上げた魚は可能な限り食べる、という信条の私はこれを履行したのでありました。機会があれば自分でさばいてみたいな。

 ちなみに因果関係ははっきりしませんが、その晩、悪寒と寝汗がありました。毒の代謝か免疫の関係なんでしょうか。

 以上、沖縄での初釣りの話でした。

【2017.3.5 石垣島のアイゴ19匹+1】

【アイゴの唐揚げ】

【ナチュラム通販】

2017年3月14日

ブログをWordPressに変更しました。

この度、ブログソフトウェアをMovable TypeからWordPressに変更しました。
不具合、リンク切れなどお気づきの際にはお知らせ頂けると幸いです。

2014年10月16日

辛い獅子唐の利用

今年も屋上菜園でししとうを栽培していたのですが、天候不順のせいなのか例年以上に激辛の割合が高かったのです。普通に料理に使えるレベルを超えていたので、一計を案じました。塩漬けにして辛味調味料とするのです。

一つは、すだちの果皮と合わせてフードプロセッサで刻み、重量の20%の塩を混ぜたもの。
もう一つは、ししとうのみを刻み、同割合の塩と若干量の醤油を混ぜたもの。

 ししとうを選別しなかったにも関わらず、かなり刺激的なスパイスとなりました。割とうまく仕上がったのでこれはこれで良いのだけれど、やはり辛くないししとうを生産する算段をしないといけないのです。

【本来は辛くないはずのもの。赤いのは熟した実も使っているため。】
IMG_20141015_203021.JPG
IMG_20141015_203049.JPG

2014年10月4日

さようなら、PHSの巻

 18年2か月の間,DDIポケット,ウィルコム,Y!mobileとひたすらPHSの契約をし続けてきた私ですが,料金体系や通信環境の変化によりとうとう2年前にMVNO(BIGLOBE)のデータ通信専用SIM付きスマートフォンを購入し2台持ちの身となりました。
 そして最近ではMVNOが音声通話に対応し始め、先日ついにPHSもMNP解禁となりました。待ちに待った日です。

 ヤフオク!で、Xperia Z1 SO-01Fの白ロム本体を購入し,Y!mobileへMNP転出手続,BIGLOBE LTE・3G 音声通話SIMへのプラン変更とMNP転入手続を経て,今日。新しいUIM(SIM)カードが届きました。

 自分でも何言っているのかよくわからないですが,なんとなく一人前になれたような気がします。
 しかし、月数百円~1000円台でスマホが使えるなんて良い時代になりました。

【ドコモのnanoUIMカードと京セラWX340K】
DSC_0001.JPG

DSC_0002.JPG

2014年5月30日

アドレスV125Sの計器周りの異音

 小型二輪免許を取得した直後にアドレスV125Sを購入して、もうすぐ2年が経とうとしています。
 4ストロークエンジンの静けさに気持ち良く乗り回していたのですが、いつの間にか計器の周りから異音がするようになりました。アイドリング時は聞こえず、スロットルを開いて加速するとびびびびびという樹脂同士が振動でぶつかるような音が聞こえ始め、ある一定の条件下での巡航中には聞こえなくなることがあります。
 これが耳障りで、フロントカウルあたりのかみ合わせが緩んでいるのかと思い、手のひらでぺちぺち叩いてみたりしたのですがその様子もなく、もやもやとした日々を過ごしてきました。

 以前、中古のセピア(CA1EA)を買ったときに不具合を自分で探り始めたら、試行錯誤や部品や特殊工具の購入やらでへとへとになった経験があるので、いざとなればバイク屋に持っていけばいいやと、アドレスV125Sとはあまり直に向き合って来なかったのですが、ものの弾みで検索してしまったら割とその気になってきたので、次の処置となりました。

 まず、異音部分を特定することから始めます。
 エンジンを始動して、あっちゃこっちゃに耳を近づけて異音を探します。→しない。
 ブレーキを掛けながらスロットルを開き、あっちゃこっちゃに耳を近づけて異音を探します。→する!ウィンカースイッチと計器の間くらいから。走行中のものとは違うけど。

 そして、次の記事を参考に、ライトカウルの中にあるねじの緩みか、ダイアグノシス用カプラー(外部からの測定用の接続コード端子)のカウルとの当たり音ではないかと推定(結果としてカプラーは逆側にあったので違いました。また、遊んでいる感じもなかったので放置。)。

(アドレスV125Gビビリ音 Part2)
http://ty0244.blog29.fc2.com/blog-entry-24.html

 こうなると開けてみたくなるのが心情。次の記事を参考にしてカウルを外します。

(アドレスV125G ヘッドライト交換)
http://ty0244.blog29.fc2.com/blog-entry-15.html

http://news.jshorikawa.com/?eid=581291

http://daiwai.blog77.fc2.com/blog-entry-638.html

 ねじは簡単に外れるものの、ツメで留まっているという部分が良く分からない。ヘラを買いに行って差し込めばいいのだろうけど、今は夜。マイナスドライバーを突っ込んであっちゃこっちゃゆすってみるとなるほど外れそうだ、が手強い。真ん中のツメが、もー、とごちゃごちゃしていたらしばらくして外れました。
 そしてカウル側のツメが1か所いつのまにか折れていました。ブレーキフルードタンクのところです…。このせいでノイズが増えたら本末転倒。一瞬ちゃぶ台をひっくり返したくなるような衝動をやり過ごし、中を覗いてみます。
 先に述べたとおり、ぶらぶらしてカウルに当たるようなケーブルや端子は特になく、異音発生元あたりのねじを触ると、1つ明らかに緩んでいるものがあったので増し締めし、他にも1つか2つ少し増し締めできました。
 なるほどこれか、とエンジンを掛けて(原因切り分けのためには開けた直後にもエンジンを掛けるべきでしたね。)、聞いてみると収まったような気がします。今日はこれでいいや、と全部元通りにして、改めてエンジンを掛けても異音は聞こえません。欠けたツメの部分も今のところ大丈夫そう。

 が。
 バックミラーがゆるゆるで締まらない。外すときは手でぐるぐるしたのだけど、逆ねじがはさんであるので手では締まらない。

(58ミラーの取り付け方)
http://www3.ocn.ne.jp/~nakazrt/58mirror.htm

 いつも積んでるドライバーやソケットレンチセットは手元にあるが、スパナがない。
 検証は10mm14mmスパナを2本、ダイソーででも買ってきてからです。

2014.5.30追記

 どこかのサイトで見た数字を鵜呑みにしていたが、念のため実測したらミラーのナットは14mmでした。
 取り付け後、走ってみたところ異音は消えていました。一件落着。