2013年8月27日

草津漁港で釣る! part.27

 潮が悪いと言っていてはいつまでたっても釣りに行けないので、あえて攻めてきました。夕方の草津漁港、干潮近くの下げ潮。サビキ釣りには分が悪いです。
 タックルはコンパクトロッド2.1mにピンクスキンの4号サビキ仕掛け、下カゴ。エサは冷凍アミエビと米ぬかのミックス。

 小イワシが来ないかなあと思いながらも、あまり期待せずに第一投。小さなメバル。取りあえずボウズ逃れです。
 その後は散発的にアジ、サヨリ、ボラ、小イワシが釣れました。日暮れ前にはコノシロが港に入ってきて小魚は散ってしまいました。あとはスーパーコノシロタイム。型は良いのだけど、小骨まみれのコノシロはあまり嬉しくない魚です。

 現地の釣り人情報によると、昼前には小イワシが回って来ていたらしいので、通えば小イワシ祭りに巡り合うこともアリか。

【釣果(左:コノシロ・メバル、右:上からサッパ・アジ・サヨリ・ボラ・小イワシ) 2013.8.27】

【ナチュラム通販】

2011年7月17日

草津漁港で釣る! part.17

 雑魚釣りに回帰するということで、さっそく草津漁港でサビキ釣りをしました。

 タックルはいつものコンパクトロッドにウキ無し4号サビキ仕掛け、下カゴ。エサは冷凍アミエビのレンガに米ぬかのミックス。
 潮は大潮。干潮から約1時間後に当たる17時半頃に竿を出しました。

 岸壁から1~2m沖に短い間隔でカゴを降ろしてまずエサを撒きます。期待ともどかしさが混じる時間帯を過ぎたところでヒット!小アジです。草津漁港でアジが釣れることはあまりないので少し嬉しい。その後メバルが1匹。

 ここで先客のファミリーがスッテでイカを釣り上げます。シリヤケイカ。
 「弁当に入ってた焼き塩サバで釣れた!」
 とのこと。なんでー。

 既にイカを諦めた私はこれに動じることなくサビキ釣りを続けます。なぜなら、シリヤケイカが揚がったのとほぼ同時に自分の竿にアタリが来ていたからです。
 「あ。アジじゃないや、コノシロ。」
 この後は日没までスーパーコノシロタイムでした。
 4号針では小さいのかバレやすく、3,4匹は落としてしまいましたが。

 イカファミリーもエサ無しでのサビキで数匹コノシロを釣り上げます。
 新手の小学生2人組がサビキ仕掛けを持って近寄って来たものの、なぜか釣れていません。
 「沖じゃなくて手前におるよ」
 「棚は底じゃなくて中くらいのとこ」
 「カゴは静かにゆっくり沈めないといけん」
 などと様子を見ながらごちゃごちゃ偉そうに言ってやりました。釣り場では釣れている者が王様です。というか私が釣っているすぐ横で
 「釣れんけえ帰ろ」
 などと言い出しているのを聞いてかわいそうになっただけで。
 日没の頃までには2人とも数匹をバラしながらもなんとか数匹を釣り上げて帰っていきました。

 バラすたびにお互いに苦笑いし
 「また落ちた。悔しい。今のもさっきのと同じやつじゃないんか。逃げるのが上手いヤツなんだろうな」
 とつぶやくのを聞いて、本気とも冗談ともつかない釣り人の常套句の普遍性に少し感心した次第です。

 雑魚サビキ回帰の初弾が良い感じだったので、しばらく続けてみようと思います。
 投げのキス釣りもシーズンインなので心惹かれますが…。

【コノシロ、アジ、メバル】
110716_001.jpg

【ナチュラム通販】

2010年8月2日

中工場緑地でコノシロ初ゲットの巻。

 小イワシが呼んでいるような気がしたので、潮を見ずに中工場緑地に釣りに行きました。

 いつものコンパクトロッドにいつもの道糸3号。5号サビキ仕掛けに下かご。エサは、冷凍アミエビレンガに米ぬかのミックス。

 夕方、現場に着いてみると下げ潮のようです。冷凍アミエビを解かすのももどかしく、米ぬかを混ぜ混ぜしてポチャン。
 しばらくはアタリが無かったのですが、撒き餌をしてみると来ました。
 小イワシです。今年の初物です。明けましておめでとうございます。この日の小イワシは表層ではなくて、中層にいました。また、底の方ではメバルがかかりました。

 またしばらくは、仕掛けを降ろす、小イワシかかる、時々メバル。の繰り返しです。群れは濃密でないようで、様子を見ても6本針のサビキにせいぜい2匹どまりです。1度、4匹ヒットしたときはニヤリとしました。心の中で。

 干潮近くの18時くらいになり、小イワシ・メバルのルーチンの中に別の魚が加わりました。
 アタリが来てリールを巻き上げようとすると今までと違う重みが。ボラか何かがスレ掛かった(口以外のところに針が掛かること)のかと思いきや、コノシロでした。

 長らく釣ってみたいと思っていたコノシロが釣れたのは嬉しかったです。この後、日没間際の納竿まで中層で小イワシとコノシロが交互に、下層でメバルが釣れ続けました。
 ちなみに、かなり劣化した道糸3号でもコノシロがダブルでヒットしても大丈夫でした。

 釣果は、コノシロ20~25cmが約10匹、小イワシが20~30匹、メバルが10~15匹です。アミエビレンガ150円と無料米ぬかに対して久々の黒字です。

 しかし、コノシロの調理法が分からないのです。これは実に骨が多い魚で、一般的には3枚におろして酢で締めて骨を柔らかくした上で食べたりするのですが。どうにも釣れた数が多い上に、酢がありません。
 ということで、鱗と頭と腸を落とした状態で冷凍庫行きです。
 叩いてなめろうとかどうかな…。

 しかし釣れたら釣れたで、魚をさばくのに1時間や2時間もかかってクタクタです。板前への道は険しいですね。

【釣果 2010.07.31】
P7313123_001.jpg

【ナチュラム通販】

2009年1月30日

草津漁港でサビキ釣りの巻。

 2009年の釣り始めはM氏と草津漁港に行ってきました。港内の西岸壁はサビキにちょうどいいポイントでした。

 開始は昼をだいぶ回った頃。
 まず2本の竿に、ジェット天秤・カレイ仕掛けに青虫(青イソメ)を付けて投げておきます。そして、下カゴのサビキ仕掛けにアミエビを詰めてもそもそと動かします。M氏も投げとサビキの二段構えです。
 しかし、夕方になっても魚影はおろか当たりも無く、投げ竿のエサも付けたまんま残っています。
 ただ、10mほど隣では年季の入ったおじさんがコノシロを数分おきにコンスタントに釣り上げています。なんだ、この差は。

 あまりにも釣れないので岸壁をうろついて、捨ててあったサビキカゴを3つばかり回収して戻ってくるとM氏が「どうしよう」と言いながら寄ってきます。何かトラブルかなあと見てみると、サビキ仕掛けに今まで釣り上げたことのないサイズのコイみたいな形の魚が引っかかっています。針に食いついているのではなく、胴体に文字通り引っかかっているのですがなかなか外れないようです。
 道糸をつかんで岸まで寄せて、仕掛けが切れないように引っ張ってみたら、海面に出たところでバレました。タモ網がなかったのだけど、バケツを降ろして引き上げれば良かったと後で思いました。帰宅後、M氏が調べたところではオニボラではないかと言うことでしたが、少し違う様な気もします。

 その後、日没前後にかけてM氏はイダ(外道なのでリリース)、メバルとコノシロ(28cm)を釣り上げました。私はサビキでメバル、ウミタナゴ。そして、納竿時に投げ竿を巻いてみるとアナゴが。ビックリする嬉しさでした。

 素人釣り師的には、ボウズ回避記録が延びて良い気分です。近場で良いポイントとして草津漁港が加わりました。

 コノシロは酢で締めたらおいしかったそうです。
 私は、アナゴもウミタナゴもムニエルにして食べました。アナゴは脂が乗っていて柔らかくておいしかったです。ウミタナゴは淡白。

 このところ、釣り欲が加速してたまりません。寒いけどまた行くぞ。

【ウミタナゴ、コノシロ、メバル、アナゴ 09.01.17】
P1171487_001.jpg

【ナチュラム通販】