2009年5月21日

周防大島で投げサビキ釣りの巻。

 草津漁港でM氏とイカ釣りをしていたところ、おじさんが寄ってきて話すんです。
 「周防大島の伊保田港のどこそこの防波堤は確実にアジが釣れる」
 「近所でボウズを繰り返すより、たまに遠出して確実に釣れるところに行くのが楽しい」
 まさにその日はボウズで帰ったので「なるほどなー」と思いました。

 その後ゴールデンウィークに遠征しようという話になり、M氏情報による倉橋島某港と検討した結果、距離的に遠い周防大島に行くことにしました。もし釣れなかったら名も知らぬ草津漁港のおじさんの口にアミエビをたっぷり突っ込んでやろうとも思いました。うそうそ。

 午前3時前に広島市内を出発し、途中アミエビを買いながら5時前後に現地到着。既に明るくなりつつある防波堤には竿が複数出ています。急いで仕掛けを用意をするも、道糸の先がまっさら。チチワ結びに手こずり若干のタイムロスを生じながらM氏に続いて、ウキを付けたサビキ仕掛けを投げます。

 投げサビキ仕掛けにはどんなあたりが来るのだろうと思っていると、突然にウキが完全に水中に没しました。アジが掛かった仕掛けを巻き上げるまで沈みっぱなしです。なるほど、分かりやすい。
 数匹を揚げた後、私たちが陣取っている堤防からはアジがいなくなりました。私はちょっとしたリールのトラブルから仕掛けのロストが連発してやる気が減少したのと、早起きのせいで眠くなったので防波堤にひっくり返って寝ましたがその間もM氏は釣り続けて数匹をゲットしたようです。
 昼ごろ、来たる夕マズメのために、かなりの時間をかけて釣具店に仕掛けとエサの補充に行きました。ウキ止めシモリ玉も使わない不勉強な部員一行は、とりあえずその意義を知る前に、ウキ付きサビキ仕掛けセットを買い取りあえず仕組みを会得しました。

 釣り場に戻ると、先客はおおかた姿を消し新客がやって来ており、マズメでもないのにどんどんアジを釣り上げています。
 「急げ!」慌てて仕掛けを投入、ではなくご飯を食べてから仕掛けを作ってから投げます。するとぼちぼちとアジが掛かります。しかし15時か16時頃には全然釣れなくなってしまいました。

 再び飽きた私は堤防から見える魚影にサビキ仕掛けを落としてみることにしました。サビキカゴからこぼれたアミエビの幕が魚影に近接すると同時にサビキ仕掛けの針を幕の中に誘導すると、あっという間に魚が掛かります。メバルでした。
 M氏が仮眠している間中これを繰り返しましたが、カゴを降ろせば8割以上の確率で釣れました。
 
 やがて日が落ち夕マズメの時合いとなるもアジは釣れず。隣客の小をもらったりしつつ納竿。ここでまたトラブル。MAGライトの切れた電球補充をしていない上に、LEDヘッドランプの電池切れ。非常に心許ない撤収作業でした。

今回は、私は仕掛けを多数ロストし、水くみバケツまでロープ先端の金具の不具合により失ってしまいました。前回M氏がロストしたエサ巻きテーラ事件も含め、これを教訓に「なくさない釣り」を心がけようと思います。

教訓:
・現地ですぐ竿を出せるようにしておくこと。
・予備の仕掛けの数を確認しておくこと。
・ランプ、リールは正常に作動するか確認しておくこと。
・ある程度仕掛けの知識は入れておこう。
・ロストしないように!

【釣果】

私  アジ 6 メバル16 合計22匹
M氏 アジ11 メバル 8 合計19匹

 総数では私の勝利ですが本命のアジ釣りではM氏が勝っていたので、引き分けと相成りました。

【田川釣果 09.05.07】
P5071607_001.jpg

【M氏釣果 09.05.07(使用許諾済)】
choka-01_01.jpg

【ナチュラム通販】

2008年11月18日

音戸漁港でアジを釣るの巻。

 先日の船釣りの後に約束していた「釣り部」のM氏と一緒に、音戸漁港へ行きました。初めは小屋浦、呉ポートピア辺りという話だったのですが、音戸漁港でアジ100匹という情報を得て変更したのです。

 途中にある坂町の「ポイント」でアミエビと面白漁具「魚キラー」を買って、音戸漁港に到着すると小雨でした。魚キラーについては不運にも漁港の底にロストしてしまったので、またいずれその正体のレポートをすることになると思います。
 ちなみにいまレシートを見ると無水アミエビ真空パック8切り315円 16切り263円となっています。おそらく16切り(レンガ大)は8切りの半分の量なので、割と「しまった感」があります。値札をよく見よう…。

 満潮から1時間ほど過ぎた頃、浮き桟橋から竿を出すも全く当たりがありません。仕掛けはサビキで、下カゴ。
 暗くなってから港の灯りの下に来るという話をもらったので、諦めて夕方までダラダラすることにしました。
 釣り場探索として島を半周してみましたが、特にこれと言った場所は見つかりませんでした。

 やがて日が落ちてくると桟橋の周りに魚影が。仕掛けを降ろすとポツポツとかかってきます。本格的に暗くなってくると、常夜灯周辺で魚群が周回しているのがはっきりと分かります。この頃になると入れ食いです。
 19時過ぎにエサも無くなったので納竿。2人で約50匹のアジを山分けにしました。他にはサバ、タイの子、メバルっぽいのが掛かりました。

 1度にこれだけの釣果を得たのは初めてだったので、とても満足感がありました。サビキ釣り良いですね。

【釣果 08.11.08】
PB081442_001.jpg

【ナチュラム通販】

2007年6月17日

井口漁港

 今年初めての釣り。
 いつもの宮島・包ヶ浦ではなく、釣り場開拓として井口漁港に。最も近いバス停は、広島バス25号線終点の井口車庫です。

 朝6時、横川本通りの釣具店で海ゴカイ500円分とアミレンガ1つを買う。アミレンガってのは初めて見聞きしたんだけど、1cmほどのオキアミをぎっしりとまとめてカチコチに冷凍したものをレンガ大のブロックにカットしたもの。冷凍オキアミはレンガ以外にもいくつか種類があって、サビキに使うと言ったらおっちゃんがこれを教えてくれました。1個150円。

 7時過ぎにバスで現地に到着。防波堤では既に竿が出ていて、場所取りに失敗。仕方がないので堤防から河口に向けて、天秤仕掛けに海ゴカイを付けて投げます。
 アタリも少なく、焦れてきたので10時か11時頃に港内最奧の係留場あたりをぶらついてみると魚影が。サビキ仕掛けとオキアミを用意して落としてみると群れが寄ってくるのだけど仕掛けには食いつきません。がっかり。

 先に竿を出していた人はキスを数十匹釣り上げていたようです。
 井口漁港は釣り場が狭く、私が出向くにはちょっと難があるかなと思いました。包が浦に軍配。

【キス3匹、極小アジ3匹。 07.06.16】
P6160563_001.jpg

【ナチュラム通販】