10年ぶりの登山です。小学校1年生の子供は幼稚園の遠足で行った二葉山以来、二度目の山登りとなります。
三滝寺境内の西側から広がる竹林を登る「Aコース」を進み、山頂まで1時間余りの行程となりました。広島市内の気温は28度程度だったものの、湿度が70%程度と高めだったためか、暑さを強く感じ、少々くたびれました。
子供には予め、登山者との挨拶、登り優先、山側待避等のマナー、ルールを教えておきました。山行中は、暑い、いつ到着するのか、二葉山の何倍登ったのか等と気にしていましたが、総じて粛々と歩いていました。
また、涼しくなったらどこかへ行こうかと思っています。

今日初めて知ったのか忘れていたのか、「Bコース」(寺北側から直登し、山頂東側の尾根までつながっていた)の尾根から三滝寺北側にかけての車道(一部未舗装、長束側に閉鎖ゲート有り)ができていました。どうも長束の変電所方面から尾根を越えて、寺の北側にできた新しい砂防ダムの新築、保守用の道路のようです。風情は無いものの、まあ、楽ですな。

1022 三滝観音バス停
1037 一之瀧(三滝寺境内)
1105 送電線鉄塔
1125 大茶臼山方面分岐
1133 三滝山山頂(356m)着
1201 出発、Bコースで下山
1242 三滝観音バス停

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA