2020年3月25日

中工場緑地でサビキ釣り

 7、8年ぶりに中工場緑地(広島市環境局中工場)へ釣行しました。釣り目当てで子供を連れて行くのは初めてです。
 当地は、東西に河口(西側は旧太田川(本川)ですが、東側の名称は元安川なのか京橋川なのか、いずれにしても広島市中心部のデルタ地帯を形成する太田川の河口)がある三角州の先端に立地し、敷地は開放されており、岸壁には高さ1m程度の柵が設置されているので安全です。

 潮は下げ潮。以前シリヤケイカを釣った東側は今日は流れが速くサビキには不向きと判断、緩やかな西側で始めます。釣り人は東西総勢10組程度。人と距離を置いたところにクーラーボックスを置いたところで、チヌ狙いらしい御仁がすっと現れて近くに構えたので、私達はすぐさま移動しました。感染症を警戒する時世ですので、撒き餌や情報交換めあてで近寄ってこないで下さい。本当に。以前は楽しい時間だったのですがね(マズメの入れ食いで話しかけてくるような人を除く)。

 タックルその1はコンパクトロッド(竿)に道糸3号、ピンクスキンサビキ仕掛け5号に下カゴ。
 タックルその2はコンパクトロッドに道糸3号、白スキンサビキ仕掛け5号に下カゴ。
 竿はいずれも私が使っている物で、ウェア以外の物に「子供用」というものはありません。エサは地アミエビレンガ。用意したのは2K、使ったのは1K。私の広島市内のスタイルとしてウキなしで直下を狙います。ボウズ逃れの小メバルが期待できるので。

 下げ潮なので、引いてしまうまでにカゴに解凍アミエビを詰めてどんどん落としたいところですが、セッティングして数投で魚が食わないということが何となく分かったので、子供との昼飯タイムにします。食いが悪いにしろ、岸壁下げ潮のサビキは負け試合に近いので気がそぞろです。

 態勢を整えてのアミエビ投下、いずれもタックルその1のピンクスキンに、ウミタナゴはスレで、アジはパクッと。釣れました。
 子供に、アジが掛かった竿を渡しながらそれに伝わるブルブルが、水の中の魚の動きだと教えましたが、未就学児には道具を握るのが精一杯でした。バケツの中で泳ぐ魚を見て楽しそうにしていたのは釣り人としては幸いでした。

 アジは刺身と焼き魚に、ウミタナゴは刺身にして、骨は油で揚げて頂きました。美味。

【釣果 (アジ、ウミタナゴ) 2020.3.25】

2013年8月27日

草津漁港で釣る! part.27

 潮が悪いと言っていてはいつまでたっても釣りに行けないので、あえて攻めてきました。夕方の草津漁港、干潮近くの下げ潮。サビキ釣りには分が悪いです。
 タックルはコンパクトロッド2.1mにピンクスキンの4号サビキ仕掛け、下カゴ。エサは冷凍アミエビと米ぬかのミックス。

 小イワシが来ないかなあと思いながらも、あまり期待せずに第一投。小さなメバル。取りあえずボウズ逃れです。
 その後は散発的にアジ、サヨリ、ボラ、小イワシが釣れました。日暮れ前にはコノシロが港に入ってきて小魚は散ってしまいました。あとはスーパーコノシロタイム。型は良いのだけど、小骨まみれのコノシロはあまり嬉しくない魚です。

 現地の釣り人情報によると、昼前には小イワシが回って来ていたらしいので、通えば小イワシ祭りに巡り合うこともアリか。

【釣果(左:コノシロ・メバル、右:上からサッパ・アジ・サヨリ・ボラ・小イワシ) 2013.8.27】

【ナチュラム通販】

2011年11月6日

草津漁港で釣る! part.20

 この時期、例年だとハゼ釣りに勤しんでいるのですがどうも気乗りしないので、得意の雑魚サビキ釣りに行ってきました。

 雨上がりの草津漁港。潮は上げ潮。昼過ぎまで天気が悪かったのに釣り客が結構います。

 今日のタックルは、コンパクトロッドに道糸3号、白スキンのサビキ仕掛け4号に下カゴ。エサはアミエビと米ぬかのミックス。いつも通りです。

 アミエビを解かしながら周りを眺めてみるとサビキ仕掛けの人が多め。コノシロや小さなヒイラギがぽつりぽつりと来ているようです。

 私もヒイラギからスタート。13cmのメバルという嬉しい獲物や小アジを交えながら過ごしていると、夕方に来ました。スーパー小イワシタイム!目の前を通過する魚群に向けて、空のままのカゴを放り投げると入れ食い。引き揚げて針から外す時間ももどかしく、再びカゴを海中に。
 周囲もにわかに慌ただしく、網ですくう人も。
 そしてスーパー小イワシタイムの継続中に日没タイムアウト。撤収。

 もっと釣りたい捕まえたいと思っていたものの、帰ってきて向かい合うのは大量の小魚。これらの頭と腸を取り除く作業にうんざり…。保存や加工に良い知恵はないものでしょうか…。

【小イワシ(左)、メバル(右上)、アジ、ヒイラギ(右下)2011.11.06】

【ナチュラム通販】

2011年9月11日

草津漁港で釣る! part.19

 午後、草津漁港へ。干潮から満ち上げ。
 コンパクトロッドに道糸3号。仕掛けは白スキンの4号サビキ。エサは冷凍地アミに米ぬかのミックス。

 釣り始めはかなり水深が浅くなっている状態でした。カゴを降ろしてもアタリなし。冷凍地アミが解けるのを待ちながら様子を見ます。
 しばらくすると、防波堤のほうでサビキに小魚が掛かり始めました。これを見て焦れていると、少し遅れて私の竿にもアタリが。豆アジです。

 この後はまさに入れ食いで、カゴを降ろすと同時にサビキ仕掛けがぷるぷるします。
 アジ、サバに夢中になっている私の耳に聞こえる声が。
 「にゃあ」

K3400006_001.jpg

 振り向くとヤツがいます。前回と同じ魚泥棒です。

 今日はバケツに手を突っ込むことはありませんでしたが、釣り上げてぷるぷるしている魚に手を伸ばしてきます。2匹ほどアジをくれて頭をなでてやると、付きまといもせず近くでくつろいでいました。
 ちなみに竿も出さずに話をしていた釣り常連らしき人たちは、そのやせた泥棒猫を「チビ」と呼んでいました。

 夕方、時合いは続くもののエサが無くなったので納竿。久しぶりの大漁でした。

 そろそろハゼ釣りも始まるので楽しみです。

【アジ、サバ 2011.09.11】
P9113647_001.jpg

【ナチュラム通販】

2011年8月30日

草津漁港で釣る! part.18

 身内に不幸があったのでしばらく殺生事を避けていましたが、四十九日も済んだので釣行しました。

 夕方、草津漁港へ。干潮から満ち上げ。
 コンパクトロッドに道糸3号。仕掛けはピンクスキンの4号サビキ。エサは冷凍地アミに米ぬかのミックス。

 取りあえず魚を寄せるため、カゴをポイッと降ろすとアタリが。バレたものの、のぞき込んでみると水面近くに魚群があります。豆アジでした。
 この後、コンスタントに釣れていくのですが4号針ではどうも大きいようでした。

 そんな中、忍び寄る1匹のネコが。

K3400003_001.jpg

K3400004_001.jpg

 眺めていたら、釣った魚の半分くらいを食べられてしまいました。

K3400005_001.jpg

 この後、まだ食べようとするので首根っこをつかんで
「オレの分、残しとけよな」
と言ったところ、ネコは一向に意に介しないようで
「にゃ」
と短く一鳴きしてバケツに手を入れようとします。
 このままではボウズ同然になってしまうので、獲物を強制隔離。するとネコはふてくされた風に係船柱に寄りかかり、しばらくするとまた一鳴きしてどこかに行ってしまいました。

 ところで、アジに混じってイワシのような魚が釣れました。何でしょうか。
 鱗がしっかり付いていたのでイワシではないと思うのですが…。

【アジと何か。】
P8293642_001.jpg

【ナチュラム通販】