2008年11月1日

初めての船釣りの巻。前編

 私が一級小型船舶操縦士免許を取得してからはや5年が経とうとしていることを知ったのは、講習機関から免許更新のお知らせが届いたからでした。
 思えば、教習時に金輪島辺りを操縦して以来、1回も船を動かしていません。なぜなら、船を持っていないからです!

 「船が無ければ、借りればいいじゃない」

 何、この逆マリー・アントワネット状態。パンがなければケーキを食べればいいじゃない、もとい、ケーキがなければパンで我慢しろみたいな感じ。しかし、ケーキやパンと違って船は浮かんで進めば目的を達するわけなので、この際所有者が誰であろうが関係ないのです。

 とまあ、1,2年前から機を見ていたのですがスケジュールの調整や私自身の情熱の高低などもあって、先延ばしになっていたところ10月に入ってからまとまり始めたので、とうとう借りることにしました。

 そして某日、船釣り部隊一行6名は坂町のマリーナ広島に集合し、命を私の操縦に預けることになったのです。

 11時頃、案内されたボートに荷物を積み込み、基本的な操作と燃料タンクの切り替え方法(ここ重要。)のレクチャーを受けます。ライフジャケットを全員に配ったり何だかんだしてるうちに、ロープが外されて出航です。正直この辺のバタバタはあまり覚えていません。

 桟橋の正面には金輪島。ここから南に舵を切り、取りあえず宮島沖まで進出してみます。宮島の山から見ると、よく東岸近くに漁船が浮かんでるから。

 天候は小雨で波もベタ凪ではないので、エンジンの回転数を上げると船腹が海面にどかんどかんとぶつかります。滑走型のモーターボートは巡航時には海面に接する部分が少ないので、波があればその間を飛び跳ねながら進む感じになります。初めての人は想定外の揺れかも知れません。

 特に問題もなく、宮島沖に到着。幸い雨も上がり、青海苔浦の岸とカキ筏の間で停泊します。停まると、巡航時の縦揺れから、波にもまれて比較的周期の長い横揺れに変わります。これが船酔いの大きな原因となります。船釣り初体験の同行者には、センパアSを事前に飲ませておきました。私は常用のトラベルミンR

 ここで竿を出して釣り始めます。ボート操縦初心者もさることながら、釣り初体験の人が2人いるのでサポートしながらです。結論を言ってしまうと私と初体験2名はボウズでした。懲りずにまた釣りに来てくれればいいのですが。

 今回はサビキ仕掛けアジ狙いだったのですが、岸に近くて浅いところよりも10m位の深さがあるところでヒットしていたようです。
 ただ、レンタルボートだったので、根がかりを恐れてアンカーを落とすのをためらってしまいました。これが災いして、岸から沖への海流で何度もカキ筏に接触しそうになり、そのたびにエンジンをかけて岸に船を戻すことになり釣りの妨げになったのは反省点です。底質を確認したら素直にアンカリングするのが良いですね。
 筏に接触するぎりぎりで慌ててエンジンを吹かして、同乗者を落っことしそうになった(?)のもいけませんでした。潮に流されて筏にぶつかっても大した問題は無いのだから落ち着いて動くべきでした。ただ、浜や磯に座礁する危険がある場合は迅速な判断が必要だと思います。

つづく。

【航跡(青が往路、オレンジが復路) 08.10.26】

大きな地図で見る

【ナチュラム通販】

2007年6月17日

井口漁港

 今年初めての釣り。
 いつもの宮島・包ヶ浦ではなく、釣り場開拓として井口漁港に。最も近いバス停は、広島バス25号線終点の井口車庫です。

 朝6時、横川本通りの釣具店で海ゴカイ500円分とアミレンガ1つを買う。アミレンガってのは初めて見聞きしたんだけど、1cmほどのオキアミをぎっしりとまとめてカチコチに冷凍したものをレンガ大のブロックにカットしたもの。冷凍オキアミはレンガ以外にもいくつか種類があって、サビキに使うと言ったらおっちゃんがこれを教えてくれました。1個150円。

 7時過ぎにバスで現地に到着。防波堤では既に竿が出ていて、場所取りに失敗。仕方がないので堤防から河口に向けて、天秤仕掛けに海ゴカイを付けて投げます。
 アタリも少なく、焦れてきたので10時か11時頃に港内最奧の係留場あたりをぶらついてみると魚影が。サビキ仕掛けとオキアミを用意して落としてみると群れが寄ってくるのだけど仕掛けには食いつきません。がっかり。

 先に竿を出していた人はキスを数十匹釣り上げていたようです。
 井口漁港は釣り場が狭く、私が出向くにはちょっと難があるかなと思いました。包が浦に軍配。

【キス3匹、極小アジ3匹。 07.06.16】
P6160563_001.jpg

【ナチュラム通販】

2006年10月23日

包ヶ浦で投げ釣り

 土曜日は宮島の包ヶ浦に行ってきました。
 到着時刻がちょうど満潮の前後だったので結構当たりは良かったです。ただ、合わせるタイミングが未だにつかめていないのでエサだけ取られることも多かったです…。
 昼ご飯の時間までに2人で30匹以上釣って納竿。

 底の方を狙う投げでベラ(ギザミ)、キス、カレイを釣るのは飽きたので(カレイは飽きるほど釣ってないだろう)、ウキを使う投げサビキもやってみたいな。
 アジをたくさん釣って毎日アジフライというのもok。

【釣果 06.10.21】
PA210002_001.JPG

【ナチュラム通販】

2006年9月5日

別荘で釣ったり飲んだり

 土日にかけて、藤江の親戚の別荘で釣りをして飲んだくれていました。

 まず、藤江夫妻に車で拾ってもらい、仁保の釣具屋でエサ(青虫)を買います。夫妻は竿を持っていなかったので、安い竿と仕掛け一式を購入。
 昼過ぎには河内と現地で合流します。

 別荘は呉市の安芸灘大橋の近くにあります。これが半島の先にあるので、あっちを見てもこっちを見ても海。

 マンションである建物の外観はすこぶる良くないものの中は改装してあるので、これが別荘の典型例だという感じ。同行者いわく「サスペンスドラマに出てきそう」

 ここを拠点にして、魚釣りをしようというのが主旨。別荘から少し下ると浜があり、ここから投げることができます。

 釣りは初めてという同行者が釣果を夕飯にすると言い張るので、説明もそこそこに投げ始めます。しかし、既に昼過ぎということもあったり海草だらけでさびけないこともあってなかなか釣れません。

 エサを触れないヒトは早々に投げるのをやめ、まったりと本などを読んでいます。私も日差しが厳しくて、やる気度がかなり減です。キス釣りで置き竿するべきじゃないんだけど、放置。

 結果が、下の写真。キス5匹、ギザミ1匹、よくわからないの1匹。あとリリースしたフグが何匹か。数は少ないけど、初めての人も含めて一人一匹以上釣れていたので、まあ気分は悪いわけじゃないですね。

 しかし、これじゃあお腹がふくれないので、買い出しに行って焼肉を始めるわけでありました。もちろん酒も流し込みます。もちろん記憶もぶっ飛ばします。

 翌日、奇跡的に二日酔いランクCに留まった私と、おそらくランクBの河内も午前10時頃にはゆらゆらと動きだし、新たに合流した一人と一緒に再び釣りを始めるのですが、まったくダメ。フグが引っかかった程度。

 そして別荘の片づけと掃除を(私は申し訳程度に)して帰途につきました。 

 別荘っていいなあ。

 ところで、デジカメに撮った記憶のない画像が複数あるので驚きました。
 画像のタイムスタンプを見ると、18:30頃から飲み始め、21:00頃に酔い始め、23:30頃から記憶をなくし、01:30頃に最後の撮影となっています。
 記憶をなくした以降は、部屋の中に入ってきた虫とか、床でくたばっているひとの寝顔とか元気な酔っ払いの姿などが写っていて、呆然としながらも意外と普通に行動しているんだなあと解釈。

 また、記憶をなくし始めた頃以降に、最後まで飲んでいた二日酔い二人が元栓の開け忘れでお湯が出ない冷水シャワーをきちんと交代で浴びた形跡と薄い記憶もあり、泥酔者の行動について興味深いデータを示しています。

【仁方の釣果 06.09.02】
P9020021_001.JPG

【ナチュラム通販】

2006年7月16日

カレイと何か

 ネタが無いのでカレイと何かの写真。アイナメなのか?

【宮島・包ヶ浦の獲物 06.03.21】
P3210021_001.JPG

【ナチュラム通販】