Home > 2006年10月

2006年10月4日

道後温泉への道(その6)

 気が付いたら10月で、施行される法令への対応で忙殺されています。したがって、レポートは先延ばしと言うか、小出しとなります。

 急激に日焼けした顔は一昨日の時点でボロボロになり、昨日には一皮むけてしまいました。手の甲や腕はヒリヒリしなくなったけど、皮がむける気配はありません。

 さて、ここから本題。

 前日に買い出しをし、ルートの確認、コンビニなど補給地点の調査を行い準備万端で寝ようとするが、普段の習慣か遠足前の子供のような興奮からか、ちっとも眠れない。ようやく、ウトウトしているともう5時。

 菓子パンを1つもむもむと食べ、荷物を抱えて出る。付けたばっかりの後部荷台にテントと銀マットをくくりつけ、前かごに荷物を、背中にザックを、リアフレームにLED赤色灯を取り付けて、まだ暗い道を広島港へ向かう。

 およそ40分で広島港に到着。久しぶりの旅客ターミナルはすこし西に新築移転している様子。旧ターミナルの横に「松山行きのりば」の看板と窓口があるので、とりあえず「呉まで自転車1台。片道」「自転車はどこから乗るんですかね?」「案内しますので、そこに止めておいて下さい」どうやら自動車と同じところから乗り込むらしい。自転車でフェリーに乗るのは初めてなので勝手が分からない。

 出港の時間が近づき「自転車の方、どうぞ」の声がして、車両甲板へ進む。乗り込み順は、自転車・バイク・自動車の順のようだ。甲板では4、5人の船員が誘導していて、私の自転車は進行方向左前部の壁にロープで軽く縛られた。他に自転車の客はいない。
 テントを積んだままの愛車が縛られる様子を所在なく眺め、作業を終えた若い船員がうなずくと同時に私はうなずき返し、階段を上って船室に入った。

つづく

【因島大橋 06.09.29】
P9290037_001.JPG

2006年10月1日

道後温泉への道(その5)

 実は、昨夜のうちに広島に戻ってきました。リタイア?いやいや、道後温泉まで漕ぎまくりでした。

 今のところ肩・背中・腰・太ももの筋肉と、顔と腕(特に手の甲)の日焼けとお尻の痛みが襲ってきています。排ガス吸いまくりでノドも変な状態でしたが今は治まっています。

 今日は時系列に沿ったメモだけで、詳細なレポートはまた後日。

9月29日

0535 出発
0615 広島港 着
0730 フェリーで呉港 着
0824 仁方第2トンネル東口
0913 安浦町ローソン
1024 榊山交差点
1119 竹原市役所
1213 忠海港前
1330 三原国道2号線合流
1447 尾道古浜橋東詰交差点
1458 尾道駅前
1532 向島ファミリーマート
1610 因島大橋入口

因島大橋を渡り、大浜崎キャンプ場の近くの公園でキャンプ。

9月30日

0500 起床
0602 出発
0717 生口橋
0759 サークルK瀬戸田店
0835 多々羅大橋入口
0909 出口
1000 大三島橋出口
1040 伯方・大島大橋出口
1109 大島北IC
1119 旧吉海町境
1147 大島南IC
1156 来島海峡大橋入口
1315 出口
1730 道後温泉
1810 出発
1910 松山観光港
1955 フェリー出港
2220 広島港
2325 到着

【因島大橋を向島から眺める 06.09.29】
P9290028_001.JPG