第8回野宿周遊旅行 in 北海道



いきさつ1・2日目<東京FT・太平洋上>3日目<苫小牧FT−納沙布岬>
4日目<川湯温泉>5日目<サロマ湖徒歩縦断1>6日目<サロマ湖徒歩縦断2>
7日目<稚内・宗谷岬>8・9日目<苫小牧FT・東京FT>

3日目 <苫小牧FT−納沙布岬>

深夜2時半頃に目が覚めると,気分が悪い。酒なのか船酔いなのか分からないが,船が揺れているので抜き差しならないところまで行った。しかし,揺れの少ないところを求めて2時間ほどさまよっていると揺れも収まり5時半には苫小牧に入港した。
ついに初北海道上陸を果たしたところに,男女二人連れがタクシー相乗りしませんかと言ってきてくれたので,TH大の人と4人で駅まで行くことにした。結構距離があったのでラッキー。500円支払った。
苫小牧駅で「北海道フリーきっぷ(\24000弱)」を購入。7日間北海道内のJR線が特急指定席を含めて乗り放題なのでリーズナブル。
さらに南千歳でTH大の人(札幌に向かうと言っていた)と別れて特急に乗り,釧路で快速に乗り換え。

南千歳駅
南千歳駅(意味無し)

さて,根室駅前で納沙布岬行きのバスを1時間ほど待つ間に,観光施設探すと北方資料館というのを発見。
さっそく行ってみるが,2月28日まで「'99おおさか北方領土展」開催のため休館だという張り紙が。展示品全部持て行ったんだろうね・・。
悔しいので,市役所に行きパンフを貰ってまだ見ぬ北方領土への思いを馳せてみた。

北方資料館
北方資料館 3月から再開だよ

納沙布岬に到着したのが夕方だったので,まず「箱物」を攻略。
北方領土を一望できそうなタワーを見つけたので進入。なんと900円も取られる。うー。
見学者は誰もいませんでした。おねえちゃんが2人暇そうにしてるだけ。
で,初めての外国(って訳じゃないけど,事実上の施政権がね・・。)を見てやろうと100円出して見ました。望遠鏡。(^_^;
「おお,ロシアの何だか分からない施設が見える。(興奮)」

水晶島
水平線に水晶島 S川タワーから
歯舞群島
水平線に歯舞群島 S川タワーから

1000円を根に持ちつつ,懲りずに次に向かったのは「北方館」。
こちらは,なんと無料
北方領土問題対策協会という政府の外郭団体がやってるらしい。ふむふむ。
しかも望遠鏡が無料じゃないっすか!
なんのこっちゃ。結局S川タワーでボられ損。うー。皆さんは気を付けましょう。

流氷
納沙布岬に取り残された流氷 

ボられ損が判明したところで日が暮れてきたので,設営開始。
ところが,秋の旅行で会得した5分でテント設営の技が発揮できないのだ。
変だ。
「そう言えばテントがパリパリしてるなあ。」
「ん?!いくらやってもフレームが固定できない!しかも2箇所!」
今まで経験したことのない状況が襲う。
そう!ここは氷点下の世界(なぜかうっとり)!!

フレームは固定できなかったが,どうせ凍ってるんだから潰れることは無いだろうと,諦める。

テント
凍っちゃってるテント (翌日撮影)

そして,設営に手間取っちゃった僅かながらのショックと疲労を感じたので,レトルトのカレーライスを食べて早々に寝てしまったのである。

いきさつ1・2日目<東京FT・太平洋上>3日目<苫小牧FT−納沙布岬>
4日目<川湯温泉>5日目<サロマ湖徒歩縦断1>6日目<サロマ湖徒歩縦断2>
7日目<稚内・宗谷岬>8・9日目<苫小牧FT・東京FT>



のじゅかー旅行記に戻る