2013年4月5日

白点病のこと

 我が事務所のメダカ水槽では,白点病が繰り返し発生しています。気付く度にマラカイトグリーンアグテン)を投薬しているのですが,収束のそぶりを見せるとまたぶり返すのです。室内ごと加温しているので冬にもかかわらず流行適温が続き,かと言ってヒーターで流行限界以上に水温を上げるとミナミヌマエビが落ちる恐れがあるので躊躇しています。

 ここ数日メダカが落ち始めたので,抜本的かつ妥協的方法として次の手段を取ることにしました。

1.メダカを水草のない別水槽に移し,ウオノカイセンチュウの生活環(1サイクル4~5日)を複数回経るまで絶えずメチレンブルー薬浴させる。
2.宿主となるメダカがいなくなった本水槽には数日内に遊走子もいなくなるが,依然としてシストが残っているのでさらに数日を待つ。
3.この間,各水槽の換水頻度を上げて虫体そのものの排除を図る。
4.メダカの体から白点が消えたのを確認し,さらにしばらく我慢して,気分的にもういいだろうと思った頃にメダカを本水槽に戻す。

 どうでしょう。素人判断ですがやらないよりましと考えて実行します。
 ちなみに,ブラックネオンテトラの水槽では白点病は流行していません。

DSCN1596_001.jpg

2013年3月24日

結婚のご報告

 突然ですが,結婚しましたのでご報告させていただきます。

 かねてより交際していた森川恵理と昨年8月に婚約し,本年1月15日に婚姻届の提出および受理,3月9日に妻の実家があります徳島市の忌部神社にて結婚式を挙行し,昨日広島市のリーガロイヤルホテル広島にて結婚披露宴を開催させていただきました。

 ご報告が事後になりましたことをお詫びいたしますと共に,皆様には今後とも変わらぬご厚誼のほど,よろしくお願い申し上げます。

 結婚披露宴にご出席いただき,また,お祝いを下さった皆様には改めて感謝とお礼を申し上げます。

平成25年3月24日  田川 諭

※披露宴で紹介していただきました野宿旅行については,拙い文章で恥ずかしいのですが「のじゅかー旅行記」をご参照ください。

2013年1月4日

2012年を振り返る。

 記事にすべき出来事が飽和してしまったので,少し遅いですが2012年をまとめて振り返ってみることにします。

1.旅行

 人生で最も多く旅に出た年でした。某所,奈良,長崎,北海道,屋久島,徳島,鞆の浦。

2.登山

 数年ぶりに復帰しました。8回の練習登山を経て,4度目の富士山登頂を果たしました。その後は,屋久島の縄文杉までと,軽く広島県北の吾妻山に登ったきりです。

3.魚釣り

 春のイカ釣り,夏のサビキ釣りと秋のハゼ釣りに通わなかったので,ここ数年で一番少ない釣行回数でした。釣果はメバル8匹,カサゴ1匹,チダイ1匹,アナゴ3匹。
 今年はサビキで小イワシを釣って,オイルサーディンとアンチョビを大量生産したいです。

4.屋上菜園

 手抜きで収量は上がりませんでした。ミニトマト,ナス,ピーマン,オクラ,ネギ,ニラなど。今はニンニクとソラマメを育てています。

5.野宿

 久しぶりに宮島の包ヶ浦キャンプ場で野営しました。薪を拾い集めての焚き火,調理,酒,寝袋そして憎き鹿との攻防。とても楽しかったです。

6.アクアリウム

 相変わらずメダカは白点病にか弱く,ミナミヌマエビは全滅寸前と繁殖を繰り返し,新たに導入したブラックネオンテトラはとても丈夫でした。某所で採取したシジミが数か月経った今も生きているのが驚き。肝臓回復の切り札となるのでしょうか?

7.バイク

 自動車学校に通って,普通自動二輪(小型AT限定)免許を取得しました。すぐにスズキのアドレスV125Sを購入。30km/hの制限もなく,楽に流れに乗れます。

以上です。趣味だけですか?そうです。今年も楽しく暮らします。

2012年12月20日

中工場緑地でメバル釣り 3

 先日の草津漁港のメバルがあまりにも小さくて悔しいのと,青虫が残っているので釣りに出かけました。場所は,広島市清掃局の中工場緑地。日没前後に事務所を閉めて行きました。潮は下げ潮。

 タックルは前回と同じ。コンパクトロッドに道糸3号,メバル胴突き仕掛け8号。エサは青虫(青イソメ)。ヘチ(足元)を狙いました。
 釣果は次の通り。何とか雪辱を果たすことができました。

【メバル 2012.12.19】
DSCN1468_001.jpg

【メバル,カサゴ(下) 2012.12.20】
DSCN1469_001.jpg

2012年12月16日

草津漁港で釣る! part.25

 メバルを狙って草津漁港に行ってきました。日の出前の午前6時過ぎ。気温もあまり低くなく凪いでいたのと,完全防寒着で臨んだので寒くはありませんでした。

 タックルはコンパクトロッドに道糸3号,メバル胴突き仕掛け8号。エサは青虫(青イソメ)。これでヘチ(足元)を狙います。

 日の出前後には少ないながらも魚信があったものの,明るくなってからはさっぱり。釣れているのはサヨリのようです。アミエビを解かして持ってくれば良かったと後悔。
 釣果はいつも通りの唐揚げサイズが2匹のみ。午前9時に納竿して,投票に行きました。

 あぁ~,心躍るような釣果が欲しいなあ。やはり,離島でサビキなのか。

【メバル 2012.12.16】
DSCN1466_001.jpg