2014年5月25日

草津漁港で釣る! part.27

 ブログさぼってました。facebookではちょくちょく近況を投稿しているのですが。
 さて、日曜の午後、特に用事がなかったので妻と釣りに行くことにしました。

 15時前後に出竿。上げ潮です。
 タックルはコンパクトロッド2.1m2本に白スキンとレインボースキンの5号サビキ仕掛け,下カゴ。エサは冷凍アミエビと米ぬかのミックス。

 周囲の釣客はイカ狙い、チヌ・スズキ狙い、タコの探り、サビキと様々。
 メバルとコノシロでも釣れればいいかな、と思いながらカゴを振っていると早々に唐揚げサイズの小さなメバルが二人に1匹ずつ掛かりました。その後は魚信もなくだるい時間が過ぎます。

 そして夕まずめ。強めの風が吹きすさぶひと時の後に、妻が小魚を釣り上げました。ボラの仔かキビナゴかと思いきや、小イワシでした。なるほど、この時期でも港に入ってきているんだなあ、とぽつりぽつりとじれったい間隔で釣り上げていると、17時を過ぎた頃から小イワシタイムに突入。しかしここでアミエビが尽きてしまい群れを足止めできず、18時頃に納竿。

 夕飯には足りるくらい釣れたので良し。釣果はメバル2匹と小イワシ27匹。
 私がさばいて唐揚げと天ぷらにして平らげました。美味。

 周囲の釣客の具合は芳しくないようでした。

【釣果(左上:メバル、他:小イワシ) 2014.5.25】

【ナチュラム通販】

2013年8月27日

草津漁港で釣る! part.26

 潮が悪いと言っていてはいつまでたっても釣りに行けないので、あえて攻めてきました。夕方の草津漁港,干潮近くの下げ潮。サビキ釣りには分が悪いです。
 タックルはコンパクトロッド2.1mにピンクスキンの4号サビキ仕掛け,下カゴ。エサは冷凍アミエビと米ぬかのミックス。

 小イワシが来ないかなあと思いながらも,あまり期待せずに第一投。小さなメバル。取りあえずボウズ逃れです。
 その後は散発的にアジ,サヨリ,ボラ,小イワシが釣れました。日暮れ前にはコノシロが港に入ってきて小魚は散ってしまいました。あとはスーパーコノシロタイム。型は良いのだけど,小骨まみれのコノシロはあまり嬉しくない魚です。

 現地の釣り人情報によると,昼前には小イワシが回って来ていたらしいので,通えば小イワシ祭りに巡り合うこともアリか。

【釣果(左:コノシロ・メバル,右:上からサッパ・アジ・サヨリ・ボラ・小イワシ) 2013.8.27】

【ナチュラム通販】

2013年8月11日

梅干し2013

 在庫が少なくなってきたので、数年ぶりに梅干しを仕込みました。6月上旬から漬け、先週に土用干しをしました。天気が良かったので4日間で干し終わり、容器にしまって数か月待てば完成です。

 塩分は高めの20%。長期保存に失敗しないように、そして焼酎の湯割りに合うようにしています。今年は赤シソの生長が土用干しに間に合わなかったので白漬です。漬けもカビなどで失敗したりせず、土用干しもにわか雨に当たることなく、いい感じです。

 約150粒の梅干しと1Lの白梅酢ができあがり、次は何を作ろうか思案中です。

インテリア雑誌で人気の観葉植物が
インテリア雑誌で人気の観葉植物が

2013年5月28日

屋上菜園再始動。

 久しぶりに事務所屋上菜園の話。

 ニンニクの収穫が終わったのでプランターの手入れをしました。土をひっくり返し,根を取り除きながらほぐし,苦土石灰と肥料を仕込みます。この作業は骨が折れるのですが,今シーズンは妻が手伝ってくれたので早く済みました。

 今年はプランター1つ当たり1株植えにして収量増を目論みます。植えた苗は,ナス・ミニトマト・ピーマン・ししとう・鷹の爪。播種したものはオクラと枝豆。こぼれ種の赤しそも育てることにしました。
 葉物や薬味は新居で育てようと思っています。あー,自動水やりタイマーが欲しいなあ。

DSCN1675_001.jpg

2013年4月5日

白点病のこと

 我が事務所のメダカ水槽では,白点病が繰り返し発生しています。気付く度にマラカイトグリーンアグテン)を投薬しているのですが,収束のそぶりを見せるとまたぶり返すのです。室内ごと加温しているので冬にもかかわらず流行適温が続き,かと言ってヒーターで流行限界以上に水温を上げるとミナミヌマエビが落ちる恐れがあるので躊躇しています。

 ここ数日メダカが落ち始めたので,抜本的かつ妥協的方法として次の手段を取ることにしました。

1.メダカを水草のない別水槽に移し,ウオノカイセンチュウの生活環(1サイクル4~5日)を複数回経るまで絶えずメチレンブルー薬浴させる。
2.宿主となるメダカがいなくなった本水槽には数日内に遊走子もいなくなるが,依然としてシストが残っているのでさらに数日を待つ。
3.この間,各水槽の換水頻度を上げて虫体そのものの排除を図る。
4.メダカの体から白点が消えたのを確認し,さらにしばらく我慢して,気分的にもういいだろうと思った頃にメダカを本水槽に戻す。

 どうでしょう。素人判断ですがやらないよりましと考えて実行します。
 ちなみに,ブラックネオンテトラの水槽では白点病は流行していません。

DSCN1596_001.jpg