2012年5月27日

宮島・弥山,駒ヶ林登山メモ

 土曜日は練習登山の日です。
 今回は弥山。前回とはルートを変えての山登りです。

 登りは博奕尾ルート。登山案内にも載っていないことが多いマイナールートですが,尾根筋を歩くので見晴らしは最も良いと思います。
 下りは大元ルート。これもマイナールートですが,見通しの悪い鬱蒼とした林の中をずっと歩くので非常に退屈です。ただ,日差しが強い夏場はこのルートが良いと思います。

 少しずつ登山用の足ができている感じなので,引き続き練習を続けていこうと思います。次はもう少し難易度を上げようかな。

1030 博奕尾ルート登山口
1203 ロープウェー獅子岩駅(休憩)
1245 弥山山頂(535m)
1318 駒ヶ林山頂(509m)(休憩)
1456 大元公園着


より大きな地図で 宮島登山ルート を表示

2012年3月31日

宮島・弥山登山メモ

 2年ぶりに宮島・弥山に登りました。3人パーティーで。が,私は登山用の足が衰えていて翌日を待たずに筋肉痛です。

 数日前から雨の予報でしたが,天気図と雨雲の予想動向から見て,登山開始時には雨が上がるものと私も予想していました。
 「どうせ明日は雨が降るってば」
と,同行者を明け方まで飲ませた人を恨みます。とは言っても結局自己責任なんですけどね。

 この日は風が強く,ロープウェーは運休していました。

1045 大聖院口
1215 弥山頂上,昼食
1348 紅葉谷口

2010年2月5日

宮島・大聖院ルート復旧に迫る!の巻・急

 宮島・弥山ルートが合流する仁王門下に11:40着。霊火堂には11:57。山頂には12:08。

【霊火堂 2010.01.10】
P1102374_001.jpg

【山頂展望台 2010.01.10】
P1102375_001.jpg

 普段の週末ではあり得ない混雑。まだ正月なんだなあ。
 何とか座るスペースを確保し,コンビニ弁当ターイム開始。
 そしてすぐ終了。

 北側に下り紅葉谷ルート分岐を通過し,ロープウェー(獅子岩)駅手前から博奕尾ルートに下ります。
 博奕尾ルートはロープウェーの獅子岩駅から榧谷駅までは踏み跡こそ少ないものの開けています。が,榧谷駅から下は藪漕ぎに近いような箇所もあります。
 普段着のコートで行ったら涙目です。裾をまくれ!

 14:25 紅葉谷公園に無事たどり着き,この登山は終了しました。

【博奕尾ルート下山F氏 2010.01.10】
P1102377_001.jpg

2010年2月4日

宮島・大聖院ルート復旧に迫る!の巻・破

 勢いで宮島・弥山登山を決めました。そして翌朝の寒さにくじけることを防ぐためパーティーを募ったところF氏が参加ということになりました。約束がないと簡単に予定を変えちゃうからね…。

 大聖院ルート入口には10時半というのんびりさ加減でスタート。以前の慎ましい川の流れの姿はなく,ただ荒々しくごろついた感じでかなりがっかり(前記事の写真参照)。
 途中の石碑には,災害関連緊急砂防事業の完成が平成19年(2007年)10月と記されていたので既に丸2年以上が経つのにこの有様です。草木はもちろんのこと苔すら生えてない感じでただただ無機質。

 大聖院の直上には砂防ダムができていてその内側はまだ空っぽなのですが,これがまた造成したてのような茶色っぽさ。これ,どうして雑草の1本も生えてないんでしょうか。

【白糸川2号砂防堰堤 2010.01.10】
P1102348_001.jpg

 裸地が続き浸食を心配するばかりでさらに登ると,1時間弱で次の砂防ダムに出合います。

【白糸川1号砂防堰堤 2010.01.10】
P1102360_001.jpg

 これが怖いんです。ダム下方を登山道が石畳で横切るのが怖いのではなくて,裸地にごつい石塊と5つの開口部。ゲゲゲの鬼太郎でこんな妖怪いませんでしたっけ。いま適当に言いました。

【白糸川1号砂防堰堤上流 2010.01.10】
P1102366_001.jpg

 この最上流部というか山肌の崩壊地点を右手に見ながらさらに登り続けるのですが,この流域は今後1,2年程度ではなくもっと長い時間を経ないと落ち着かないんだろうなと思いました。

 つづく。

2010年1月26日

宮島・大聖院ルート復旧に迫る!の巻・序

 年始,ウッチャンイッテQの特番で富士山の雪中登山をギリギリな感じで成し遂げたのをぼんやり観ていたところ「登山とは何ぞや!」と,富士登山再開を高き遠くに置きながら「弥山をみにいこう」と思いました。
 mazda,Fordの日米連合軍に寄生して富士登山を行ったのが既に5年以上前。このブログの開始前です。この件についてはまとめ直さないといけないとも思うので,ここは端折ります。

 宮島は平成17年(2005年)の台風に伴って発生した白糸川の土石流で,この川沿いにある大聖院ルートは潰滅的な被害を受けたようなのですが,私は復旧工事中の登山口をチラ見して以降寄りついていませんでした。
 そこで…。

【弥山・大聖院ルート 2010.01.10】
P1102339_001.jpg

12