« | »

2011年11月26日

草津漁港で釣る! part.22

 再びウキ釣りの練習のため,草津漁港へ行ってきました。
 15時半。数十分後に大潮の干潮を挟む展開。

 タックルは次の通り。コンパクトロッドにリール1000番,道糸3号。仕掛けは棒ウキ(大大)に2本針メバル仕掛け8号(ガン玉は3Bと仕掛けに付いていた小さいの)。エサは死にかけの青虫。

 遊び竿でもう1本。コンパクトロッドに,ピンクスキンのサビキ仕掛け6号。エサはアミエビを使わずに刺し餌のオキアミ。

 仕掛けの落とし方,棚の探り方と,ウキの読み方を練習してみました。
 が,「大大」ウキ相当のガン玉が沈む速度がゆっくり過ぎてもどかしい。沈み切らないとウキは直立しない=アタリが分からない。相当な短気だなこれは…。ウキのサイズとガン玉の号数を大きくしてしまうか?
 仕掛けを落とすと,すぐに岸壁の際に寄ってきて直下をのぞかないといけなくなる。疲れるし危ないし投げ直すのが面倒くさい(探り釣りの方が良さそう)。

 なんだかんだでウキ釣りと相性が良くないのか,独学で師匠がいないのがいけないのか,なかなか良い展望が開けません。誰か教えて下さい。

 日没で納竿。
 こんな状況で釣れたのが20cmのウミタナゴと,遊び竿にメバル。

【ウミタナゴとメバル】
PB263710_001.jpg

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コマセを少しずつ撒き、魚を集めてから
私はキス針を使い、小さくつけたイソメで爆釣できます

コメント





HTMLタグは使用できません。