Home > 2011年7月

2011年7月26日

株式会社LDH解散へ

 株式会社LDHは,かつてホリエモンが大株主だった純粋持株会社ですが例の事件以降,傘下の会社を切り売りしとうとう昨年度には子会社が0となりました。
 この間に大きな損賠請求訴訟は和解に至り(旧フジテレビに約310億円支払,ホリエモンから約210億円受取),相変わらず資本剰余金は大きく,株主に対する数度の配当原資となりました。上場廃止日の終値で取得した人は既に投資資金を回収し,利益が出ている水準です。

 こんな感じで進んできたLDHの最終段階として,臨時株主総会の招集と会社解散の提案が大株主(モルガンスタンレーMUFG)からされました。 
 ホリエモンも向こうへ行ってしまったし,1つの事象が収束していくことに感慨を覚えます。

 ちなみに,配当金の口座振込を指定していない株主への残余財産の支払は,供託によるということなので興味のあるところです。

 

2011年7月17日

草津漁港で釣る! part.17

 雑魚釣りに回帰するということで,さっそく草津漁港でサビキ釣りをしました。

 タックルはいつものコンパクトロッドにウキ無し4号サビキ仕掛け,下カゴ。エサは冷凍アミエビのレンガに米ぬかのミックス。
 潮は大潮。干潮から約1時間後に当たる17時半頃に竿を出しました。

 岸壁から1~2m沖に短い間隔でカゴを降ろしてまずエサを撒きます。期待ともどかしさが混じる時間帯を過ぎたところでヒット!小アジです。草津漁港でアジが釣れることはあまりないので少し嬉しい。その後メバルが1匹。

 ここで先客のファミリーがスッテでイカを釣り上げます。シリヤケイカ。
 「弁当に入ってた焼き塩サバで釣れた!」
 とのこと。なんでー。

 既にイカを諦めた私はこれに動じることなくサビキ釣りを続けます。なぜなら,シリヤケイカが揚がったのとほぼ同時に自分の竿にアタリが来ていたからです。
 「あ。アジじゃないや,コノシロ。」
 この後は日没までスーパーコノシロタイムでした。
 4号針では小さいのかバレやすく,3,4匹は落としてしまいましたが。

 イカファミリーもエサ無しでのサビキで数匹コノシロを釣り上げます。
 新手の小学生2人組がサビキ仕掛けを持って近寄って来たものの,なぜか釣れていません。
 「沖じゃなくて手前におるよ」
 「棚は底じゃなくて中くらいのとこ」
 「カゴは静かにゆっくり沈めないといけん」
 などと様子を見ながらごちゃごちゃ偉そうに言ってやりました。釣り場では釣れている者が王様です。というか私が釣っているすぐ横で
 「釣れんけえ帰ろ」
 などと言い出しているのを聞いてかわいそうになっただけで。
 日没の頃までには2人とも数匹をバラしながらもなんとか数匹を釣り上げて帰っていきました。

 バラすたびにお互いに苦笑いし
 「また落ちた。悔しい。今のもさっきのと同じやつじゃないんか。逃げるのが上手いヤツなんだろうな」
 とつぶやくのを聞いて,本気とも冗談ともつかない釣り人の常套句の普遍性に少し感心した次第です。

 雑魚サビキ回帰の初弾が良い感じだったので,しばらく続けてみようと思います。
 投げのキス釣りもシーズンインなので心惹かれますが…。

【コノシロ,アジ,メバル】
110716_001.jpg

2011年7月15日

イカを諦める

 その後,何回か中工場緑地に通ったのですがイカは釣れませんでした。
 夕方1時間程度の釣行でイカの回遊に当たるのは難しいようです。
 マズメや潮を狙って本気で取りかかれないのが,雑魚狙いの釣り師たる由縁ですから仕方ありません。今シーズンは諦めることにしました。

 あまりにもボウズが続いたので,雑魚釣り師の本領が発揮できる岸壁サビキ釣りに回帰しようと思います。

 そこで新しく買ったのが,ダイソーの2100mlタッパー。アミエビレンガを入れるのにちょうど良いアイテムです。小レンガでも1時間程度の釣りでは全部使い切れないので,余りを持って帰って再冷凍しようという企みです。
 アミエビは冷凍の状態でも臭いが強いので密閉できる容器が必要なのです。釣り場ではあまり気にならなくても室内では重大事象です。

 こんな感じで,ダイナミックな小イワシの回遊とコノシロ,メバルに夏の酒肴を期待します。

P7153518_001.jpg