« | »

2010年11月30日

クロカワゴケの活着を試みる その後

 クロカワゴケを竹炭に活着させようとしたのが5月。それ以後,どんどん緑色は褪せていき,脇芽が伸びることもなくこのまま枯れてしまうのではないかと思っていました。

 そんな諦め加減で放置していたところ,最近になって鮮やかな緑色の脇芽が伸び始めていることに気が付きました。

 おそらく水温が下がってきて生育適温に達したのだと思います。このところは摂氏20~22度。このまま育ってくれることを期待します。

【クロカワゴケ 2010.11.30】
PB303406_001.jpg

トラックバック URL

コメント & トラックバック

おそらく水温が上昇したせいで勢いが衰えたのに加えて,ミナミヌマエビが食べる圧力もあってこの写真当時よりも状態が悪くなっています。残念ながら枯れてしまっているかも知れません。

コメント





HTMLタグは使用できません。