Home > 2009年12月

2009年12月28日

事務所灯油臭事件顛末

【19日(土)】
夕刻 事務所内に灯油臭を確認。当所専有部分及び共有部分に発生源を認められず。
深夜 事務所内に灯油臭が濃厚に充満したのを確認(以後,特筆するまで継続)。管理者に通報し,管理者は4階及び3階の各戸を訪問するも発生源を特定できず。2階の訪問は行わず。4階及び3階の各1戸から灯油臭の訴え有り。

【20日(日)】
午後 所内の発生源を流し台付近と確認他の入居者が何らかの理由で排水口に灯油を遺棄したものと推定する。揮発油用の(中和)乳化剤がないかホームセンター2軒に問い合わせるも商品なし。
夕刻 ビル内の排水トラップに滞留しているであろう灯油を乳化して排出する目論見で,洗剤(マジックリン)の業務用4.5Lを購入して排水口に投入すると一時的に臭気が減少。

【21日(月)】
午前 再度,所内に灯油臭が充満しているのを確認(以後,特筆するまで継続)。窓を開けて常時換気せずに留まるのが困難な状況。管理者が2階各戸と1階店舗の訪問実施。全戸訪問も留守宅があり発生源特定できず。これ以後各戸訪問と発生源の特定の要求をやめたので管理者は行動していないはず。前日夜に3階の1戸(初日と同一)から灯油臭の苦情が管理者にあった模様。4階の1戸(初日とは別)から,湯を流すと流し台の排水口から若干の灯油臭がある旨の聴き取り。1階店舗ではわずかに臭気があるとのこと。

【22日(火)】
午前 管理者が沈黙したので,広島市下水道局に通報。所内の状況確認と1階店舗及び隣接建物への聴き取り,マンホールの臭気確認が実施される。隣接建物での臭気は認められず,マンホールの流水からは若干の揮発油臭が確認される。24日午前の再訪を約束。対策としては洗剤で乳化して流す他に特別の方法は無いとのこと。
午後 所内流し台ユニットの隙間及び排水管・ホースの継ぎ目をシリコンシーラントで埋める。

【23日(水・祝)】
夜 F氏来訪。所内流し台ユニットと排水ホースの継ぎ目のシーラントを剥がし,床の塩ビ排水管とホースの接続点のゴムパッキンが外れていることと排水管からの臭気を確認。ホースを外し,排水管の口をふさぐ処置を行う(27日まで閉鎖)。

【24日(木)】
午前 所内の臭気はあるが減少していることを確認。広島市下水道局来訪。マンホールからの揮発油臭を確認。管理者への聴き取りから当ビル内が発生源だと断定した旨。前日の所内の処置で臭気の流入が減少した旨を伝える。根本の対策は前回同様流れるのを待つしかないとのこと。
午後〜夜 ホームセンター7軒を回ってゴムパッキンを探すも在庫なし。メーカー名と型番を得たのでオンライン通販で注文する。

【25日(金)】
 漏れ出る臭気の量が一定ではなく増減があることを確認。

【26日(土)】
 漏出臭気を若干確認。

【27日(日)】
午後 臭気は認められず。
夜 ゴムパッキンが届き直ちに施工。
深夜 臭気は認められず。終息と結論する。

2009年12月19日

私のサビキ仕掛け

 カレイ釣りに行きたいんですけど,とにかく寒い。もう12月ですからね。決心したとしても単独行なら目が覚めた瞬間に心折れてしまいます。

 そういうことで,数回にわたって私が普段使っている仕掛けについて書こうと思います。

 手始めに,今年100匹以上を稼いだ「サビキ仕掛け」です。
 この仕掛けは桟橋や岸壁など,直下の水深が大きい釣り場でしか使えません。
 釣れるのは,小イワシ,小メバル,小アジ,小ウミタナゴ,小チヌ,小などの小物です。

 竿は,機動性の面からザックに入る程度のコンパクトロッド2.1m(仕舞長51cm)。もう少し長さが欲しいので2.7mか2.4mのものを買おうと思っています。
 リールは1000番。スピニングリールの小さいものです。
 道糸は3号。先端にはスナップサルカンを予め付けておいて,サビキ仕掛けをセットしやすいようにしています。竿先のガイドに引っかからないようにサルカンの上にはシモリ玉を付けています。
 サビキ仕掛けは気分次第。針は5~6号。スキンはピンク主体ですが,カラフルなのやサバ皮でも何でも。
 カゴは小さめの青いプラカゴ。鉄カゴは重いので疲れます。カゴの底に円錐オモリが付いているのは船用です。未経験なので一度夜に夜光プラカゴを使ってみたいです。

 カゴに詰めるエサはもちろん冷凍アミエビ
 海面をのぞき込めるような釣り場なら,静かにおろしたカゴから散るアミエビの幕の中にサビキ針を誘導すると良いです。
 サビキ釣りでは基本的に針にエサは付けないのですが,食いが悪いときには付けてやると釣果が上がると思います。
 また,アミエビは非常に生臭いものでこれはエサとしては優秀なのですが,人間には不快です。釣り場にこぼしたエサは必ず水できれいに流してから帰りましょう。

 釣行の単純コストは,サビキ仕掛け60円,冷凍アミエビレンガ150円の合計210円です。
 6本針のサビキ仕掛けを再利用するならレンガ代だけ。
 仕掛けのロストはあまり発生しません。

2009年12月17日

たこ焼き or シュークリーム

 大変古いネタで恐縮なのですが,そっくりスイーツ(笑)です。使い方が違いますけど。

 某Barの忘年会に誘われて参加することにしたのですがそのマスターから,「一人一品のおつまみを持ってくること!」と言われたので悩んだのです。
 が,他の人とかぶることなくしかもブームから一周しかけたであろうコレを持って行きました。
 静かに一人二人だませたようですがその後は不明です。

【「たこ焼きにしか見えないシュークリーム」 09.12.13】
PC132209_001.jpg

2009年12月2日

ヌカのこと。続報

 サビキ釣りに使うアミエビに混ぜる米ヌカをロハで手に入れようと以前から画策していたところ,見つかりました。釣具屋で買っても1kg 200円弱なんですけどね,産廃で処理されるよりはお互いに良いかなと…。

 情報はM社長から。場所は,広島市東区牛田新町3丁目のスーパーマーケット「ピュアークック牛田店」敷地内だ!

 機械は,中区河原町にあったものと同じクボタのもの。写真を撮りながら眺めると,ヌカハウスに「お客様はこの中のヌカをお持ち帰りできます」という文字が。「キタコレ!」ノブに手を掛けると開いた!
 ここで内部の写真を取り忘れました。次回寄ったときに写してきます。中にはヌカの取り出し方の説明書きがあります。ヌカのタンクの下方に手動シャッター付きの口が開いて重力式でヌカが排出されますが,掻き出さないと落ちて来ません。ぱっと見で清掃用のほうきしか備え付いていなかったので,何か棒とか持って行った方が良いと思います。素手でも良いですけど。
 排出スロットの幅は大きめのレジ袋がセット可能な程度です。スロットの下にはかなり大きめの受け皿が置いてあるので排出時のこぼれは気にしなくて良いですが,持ち出し時にヌカハウス外にこぼれないように気をつけましょう。綺麗に使わないと施錠されてしまうかも…。

 ともかくこれでサビキ釣りの強い味方ができました。早速試してはみたいものの…心はそろそろカレイ釣りです。

【精米機 09.12.01】
PC012164_001.jpg

【米ぬか 09.12.01】
PC012168_001.jpg

2009年12月1日

草津漁港で釣る! part.14

 前回の夜釣りが応えたので暖かい昼間に草津漁港へ。アングルの釣り情報では,宇品に小イワシがまだ来ているということだったので回遊に賭けます。

 一応,M社長に声を掛けて13時半頃に釣り始め。仕掛けはいつもの6号サビキにエサはアミエビ。
 小イワシの回遊をただ待っているだけではつまらないので,岸壁に張り付いている小さなメバルを狙ってみるものの食いが悪い。

 15時過ぎにM社長が現れて,例の投げ竿3.9mでサビキを始める。私の悪いクセが移ったのか水面をのぞき込みながら岸壁直下の魚影にカゴを落とそうとし,さらに長い竿さばきに慣れないせいか竿の中程を持ち竿先を水面に近づけて振っているので格好悪いことこの上ない。確かに食いが悪いから魚群近くに落とすしかないのだが…「重いかも知れないけど,竿を立てたら仕掛けは際に寄るよ」と言っては見るものの…。

 そして,この日は小イワシの回遊は無く日没。

 悪い手本に感染しないようにM社長にはオーソドックスな釣りのスタイルと,基礎知識を教えないといけないようです。どのようにすべきか…。

【チヌ(左上),オコゼ(左下,ヒレ切除),メバル 09.11.28】
PB282161_001.jpg