Home > 2006年12月

2006年12月30日

復旧

 メインマシンのHDD交換→(事故による論理破壊)→サブマシンのHDD交換という流れで,一連の作業は終了。途中で事故がなければ1日で済んだのに…。
 さらに,サブマシンのHDD交換の際にOSが起動しない症状があって頭から煙を出したり。結局,RAIDコントローラのドライバが例の137GBの壁にぶち当たっていたことが判明。アップデートしたら正常起動しました。
 デバイスドライバのチェックを怠っていたことを反省。

 さて年の瀬。年賀状は作ったものの時間が無く,印刷したままの姿で投函するはめに。
 30日は恒例の飲み会で朝までコースの予定。31日は二日酔い予定なので,今年の更新はこれで最後です。

 それではみなさん良い年を。

【残雪の火山山頂 03.02.06】
hiyama_0006_001.jpg

2006年12月28日

システムクラッシュ

 メインマシンの稼働中にリセットスイッチを押してしまった。魔が差したというか何というか。

 運悪くレジストリがぶっ飛んでしまい,Windowsが起動できない状態に。おまけに調子の悪かったCDドライブが完全に死んでいて,回復コンソールが起動できないと来た。24時間以上ごちゃごちゃやっていたもののどうにもならないので,新しいCD-ROMドライブを買ってきた。1780円。

 あっさりとWindowsXPのCDから起動でき,回復コンソールでごにょごにょするとシステムはほぼ元通りになった。もっと早くドライブを買ってくれば良かった。 とは言っても,システムとHDDのチェックやRAIDのduplicateやらで既に12時間以上経ち,今なお作業中の午前7時半。

 今年を振り返っている場合じゃないんだ…。

【鹿児島 開聞岳 02.07.29】
kgsm_0008_001.jpg

2006年12月26日

アウトドアを振り返る

 昨日に引き続き,今年を振り返ります。アウトドア編。

 まず2月にはマツダ有志のスキーツアーに,全くスキーをしないという形で参加。スキーをしない代わりに,一人でかまくらを作りました。面白かったけど,たまらなく疲れた。
 下旬には,極寒の中をカレイ釣りに行くものの,雑魚すら釣れずに終わる。そう言えばあの人どうしてるんだろうか。

 そして長いブランクの後の6月。大野権現山に登る。途中にあるおむすび岩をどうにかしてやりたい誘惑に,今でも襲われます。

 7月。広島港の花火大会に,極楽寺山のスイレン見物。

 8月。衝撃の岩国錦川水の祭典

 9月。人んちの別荘で一騒ぎ
 月末には,広島市内から松山道後温泉まで自転車で走破。素人にはお勧めしない。

 10月。西条酒まつり恒例の一人記憶喪失祭り。「いつもここから」のステージが印象的。

 11月。石鎚山登山
 下旬にハゼ釣りに行くも,時期遅し。雑魚数匹しか釣れず,寒いわ体調悪くなるわで散々。

 山は飽きました。登りたい気持ちを充電します。貯まったら宮島でも行こうかな…と。

 海底を狙う投げ釣りは飽きました。まだまっすぐ投げられないくせに…。投げサビキで表層の魚を釣りたいです。

 あと,キャンプ欲は尽きてない感じですね。隙を見て張るぞ。

【須の川公園キャンプ場(旧・南宇和郡内海村) 02.08.23】
0012_01.JPG

2006年12月25日

屋上菜園を振り返る

 気がつくと年の瀬です。
 事務所屋上のプランター菜園も2シーズンが過ぎました。これまでの経験をまとめてみようと思います。

失敗したもの

 ・インゲン豆…なぜか鞘が大きくならず,意気消沈して放棄。肥料か。
 ・トウモロコシ…根が制限されるせいか,実が入らない。これも肥料が関係あると思う。
 ・キュウリ…大量の水が必要。不足させて苦いものしか収穫できなかった。

対策が必要なもの

 ・オクラ…花が咲いた日をメモっておいて2〜4日中に収穫しないと,硬くなって食べられなくなる。
 ・サニーレタス…買ってくる苗によっては,すぐにトウ立ちしてしまう。

割と成功したもの

 ・ミツバ…雑草並みの生命力。遮光したほうが柔らかいものができる。
 ・パセリ…遮光したほうが柔らかいものができる。
 ・ミニトマト…水を控えめにすると甘くなった。
 ・ナス…大量の水が必要。不足すると皮が硬くなる。
 ・ピーマン…水が多く必要。
 ・ししとう…水が不足すると辛いものができる。
 ・枝豆…カメムシの防除が決め手。二期作も可能。
 ・シソ…メイガの防除が命。これさえできれば。
 ・ネギ…病気に注意。
 ・にんにく…スーパーの特売ニンニクから育てるのが安い。
 ・タマネギ…冬の野菜は病気も害虫も少ないので育てやすい。
 ・二十日大根…土作りと線虫防除で表面のなめらかさが決まる。
 ・葉大根…簡単だが,食べるには大量に作る必要がある。
 ・唐辛子…放任でいい。
 ・ハバネロ…ピーマンやししとうに準じた仕立て方で良いと思う。

 ・ブロッコリー,マスタードのスプラウト…スプラウトは収穫が面倒。

 ・ひまわり,朝顔…いずれも小学校で栽培するものです。簡単。

 屋上菜園は,日射と照り返しが非常に強いのが特徴です。
 プランター栽培では土の量が限られ,保水に限界があります。しかし,気温が上がる前の午前中と,夕方に水やりをきちんとすれば問題ないと思われます。
 私は水やりをサボることがあるので,これが大きな影響を与えているのだと思います。

 それと,収穫しても使いようのないものもありました。
 ししとうを大量に収穫しても,炒め物や天ぷらくらいしか調理法を思いつきません。ミツバも然り。ハバネロなんて保存法すら分かりません。ハバネロは市場価値がまだ高いので栽培するメリットもあるけども…。

 これらの経験を活かし,育てやすく,使いやすいものを来年もさらに取捨選択していこうと思います。

【シソ豊作 06.06.26】
P6260013_001.jpg

2006年12月23日

経過と検査結果

 処方されたプラミールを飲んでいる限り,むかつきは時々あるものの吐き気はほぼ抑えられていたので平穏な生活でした。
 そして今日,血液検査の結果をもらってきました。

ZTT 2.2 /基準値2.3-12.0
GOT 20 /10-40
GTP 18 /5-45
γ-GTP 55 /79以下

 これらの数値に別段問題があるわけでもなく,他の数値も。むしろ成人病の逆の方の数値と言われました。(中性脂肪43 /50-149,総コレステロール193/150-219,HDL-cho(善玉コレステロール) 81/ 40-80)

 ともかく,肝障害から来る吐き気では無いことは分かったのだが…。

【空鞘神社前 管弦祭 05.07.21】
P7210041_001.jpg

12